Friday, 4 March 2016

底引き網漁から北極圏の海を守ろう!

イギリスの主要食品ブランドやスーパーマーケットが、ノルウェーの北極圏の海域(スヴァールバル諸島周辺)で行われている、bottom trawlers(底引き網漁)で獲れた魚を仕入れている可能性があるそうです。
↓↓↓
Major British seafood brands linked to fishing in fragile Arctic area
(ガーディアン紙)

Greenpeace(グリーンピース)のレポートによると、生態学的に重要とされる海域であるバレンツ海北部で、環境に負担があるとされる巨大な底引き網漁が行われている、のだとか。

バレンツ海北部にまで入って、タラやハドックを獲り問題になっているのは・・・

Havfisk ASA(ノルウェーの漁業会社)、Ocean Trawlers(香港ベースのロシアの漁業会社)とFishing Industry Union of the North(FIUN/ロシアの漁業協会)。

これらの漁業会社の主な仕入れ先は、以下の通りです。

Espersen(エスパーセン社)ヨーロッパとアメリカ
High Liner Foods(ハイ・ライナー・フーズ社)カナダとアメリカ
Findus(フィンダス社)ヨーロッパ
Young’s Seafood(ヤングス・シーフード社)イギリス
Iglo(イグロ社)ヨーロッパ
Birds Eye(バーズ・アイ社)ヨーロッパと中国

イギリスだと、バーズ・アイ、フィンダスやヤングスのブランドをよく見かけますよね。

ってことで、このブランドはこれからしばらく避けた方が良さそうです。

以前、何度かサステイナブル(持続可能)な漁業について書いたことがありますが・・・
↓↓↓
ツナ缶や魚介類を買うならココ!
ツナ缶と太平洋クロマグロ
冷凍のパエリャ・ミックス・・・そしてエビ漁問題
ツナ缶だけでなくて人権侵害も
海洋管理協議会がオススメなスーパーマーケットは?

広い範囲に網で取り囲む、いわゆる巻き網漁法のfish aggregating device(FAD)と同様、底引き網漁もとても大きな問題点があります。

それは、重いブルドーザーのような網を引きずって、海底をさらうという漁法だから。

その網の通り道には、無数の生物と生態系が存在するのですが・・・

それを一気に破壊する威力があります。

海底にある岩石や泥底も根こそぎ掘り返されて、生態系が破壊されてしまうので、その環境がが回復するまでに何十年、何百年もの時間がかかるばかりか、その海域に住む生物の多様性にも影響があります。

サステイナブル(持続可能)な漁業を守るためにも・・・

底引き網漁は禁止、または、もっと環境に優しい漁法に改良して欲しいものです。

グリーンピースのレポートはこちらからどうぞ。(英語)
↓↓↓
This Far, No Further
Protect the Arctic from destructive trawling







英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment