Wednesday, 26 November 2014

エディンバラ公賞の表彰式

昨夜は、長男のDuke of Edinburgh's Award(デューク・オブ・エディンバラズ・アウォード/エディンバラ公賞)の修了証書の表彰式でした。
↓↓↓
エディンバラ公賞のクラブ
長男はキャンプへ、ビリーは獣医へ
長男のキャンプ&長女のアルバイト
長男が無事に帰宅で…いよいよホリデイ♪

エディンバラ公賞というのは、エディンバラ公(エリザベス女王の夫君)によって、1956年に設立された賞なのですが、14歳〜24歳までの青少年少女なら誰でも参加できます。

ボランティア、スポーツ、(実技などの)スキル、遠征などを通して評価されるというもので、長女も長男もセカンダリー・スクール在校時代に、ブロンズ(銅賞)部門を終了。

長男は、昨年終了したはずなのですが・・・

オンラインで提出するべきものを全部終わらせていなかったので、完全に終了したのが今年の春でした。

で、終了してからすぐに修了証書をもらえると思ったら、昨日までお預けに。(爆)

家族3人(ダンナ、私と長男)で昨夜のイベントに到着すると・・・

総勢100名くらいの青少年たちと、その親や友人などが大集合。

長男がお世話になっていたグループ・リーダーの方とも、久し振りにおしゃべりが出来てよかったです。


どうも今年終了した青少年ばかりで、長男と一緒だったエディンバラ公賞のグループの子はいませんでした。

下町ロンドン区の他の学校/カレッジの子たちや、長男が行っていたグループでも長男とは違う歳の子ばかり・・・

長男によると、一緒だったグループの子たちは、まだ終了してないらしいのです。(爆)

長男と一番仲良しの子も、まだ完全に終了してないので、修了証書をもらえないまま。

なので、昨夜はほとんど知らない子たちと長男で記念撮影。(笑)


そして、修了証書をいただいてから、すぐにチェックしたのは長男の名字。

というのも、長女がいただいたときは、2回も名字が間違っていたのですよね〜。
↓↓↓
賞状をもらったはいいけど…。

でも、今回は正しいスペルで、ホッとひと安心。(笑)

それから・・・

久し振りに、長女からメールで写真が送られてきました。

先週、またボーイフレンドのA君が長女に会いに行っていたのですが、一緒にプリマスの町を散策していたようです。


なんだかホリデイに行っているような感じですね〜。


素敵な夕焼け♪




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

英国政府観光庁オフィシャル・ショップ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment