Tuesday, 28 January 2014

「The Curious Incident of the Dog in the Night Time(夜中に犬に起こった奇妙な事件)」

寝る前にはベッドで読書をする習慣で、何度かブログでも読んでいる本を紹介してますが・・・
↓↓↓
寝る前の読書の習慣
話題の官能小説「Fifty Shades of Grey」を読んでみた
最近読んでいる本、これから読む本
「Before I Go To Sleep(わたしが眠りにつく前に)」
「Call The Midwife(コール・ザ・ミッドワイフ/助産婦を呼んで)」
「Dead Scared(死ぬほど怯えて)」

今、読んでいる本はこれ。


Mark Haddon(マーク・ハッドン)著、「The Curious Incident of the Dog in the Night Time(夜中に犬に起こった奇妙な事件)」です。

この本は、たまたまダンナが昔読んで、うちにあったから。

それに、ロンドンの劇場でこの舞台上演が始まったときに、ダンナが「原作がよかったから行ってみたい」と言っていてたので、私も原作を読んでみようと思っていたのです〜。

で、読み始めたらグングン読めます。

というのも、この本の主人公が15歳の自閉症(アスペルガー症候群)のクリストファーという少年なので、子供の目線と読みやすい英語の書き方をしているから。

主人公が自閉症ということで、各章の数字が素数を使っていて、第1章ではなく2章から始まり、3、5、7、11、13などと進むので、今何章なのかがよくわからない、ということがありますが、特に問題はなく読み進められます。(笑)

さて、あらすじですが・・・

クリストファーは、ある日の夜中、窓から外を見ていて、斜め向かいの近所に住むミセス・シアーズの飼っているプードル犬のウェリントンが、前庭で死んでいるのを発見します。

それも、庭仕事に使うガーデン・フォークで突き刺され殺されていたのです。

ちょうどクリストファーは、通学している学校の先生に勧められて、本を書こうと思いたったところだったので、この奇妙な事件の犯人捜しを記録しながら本を書くことにしたのでした。

自閉症の彼は、数学や物理などが得意な代わりに対人関係が苦手。

で、事情聴取した警察官の人がクリストファーの体を触ったので殴ってしまい、警察署に拘束されて警告を受けたり・・・

普段はしゃべったこともない近所に住む人たちに会いに行って、いろいろな質問をして、2年前に亡くなったと聞いていたクリストファーのお母さんが、ミスター・シアーズと不倫していた、とミセス・アレキサンダーに聞いたり、といろいろなことが起こります。

ちょっと話しが好きな色やらなにやらと脱線したりするのですが、それもクリストファーの気持ちをよく表現してあり、彼の個性や世界を上手く描いている感じです。

まだ読み終わってないので、これからどうなるのかはお楽しみ〜。

ところで・・・

この原作は、ロンドンのナショナル・シアターで2012年から舞台で上演されて好評で、昨年3月からはアポロ・シアターに移動して上演していました。

が、上演中に、天井が崩壊するという事故があって現在休演中。
↓↓↓
アナグマのサイダー

でも、今年の6月24日から、場所をGielgud Theatre(ギルグッド・シアター)に代えて上演を再開するそうです。

舞台も観に行きたいな〜!






魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

4 comments:

  1. お久しぶりです!この本、読みました!といっても10年位前かなぁ。英語もまだできなかった頃(今もですが:笑)、とにかく英語に触れなくては!と思い、表紙に惹かれて買った本です。読みだすと、自閉症の男の子の話で、あっという間に読んでしまったことを覚えています。
    ねこなすさんも書いてみえるように、英語が比較的簡単なところが挫折しなかった理由。
    これが舞台になっているなんて知らなかったです。6月から舞台が始まるなんて、行きたい!ねこなすさんに時間が合ったら、一緒に行きましょう!そして飲みましょう(笑)!

    ReplyDelete
  2. haykichiさん、こんにちは〜。

    相変わらず忙しそうですね!
    そうそう、これ男の子が書いてる感じで、簡単に読み進められますよね。
    一昨日、ウェリントンを殺した犯人がわかったところです!
    これは一昨年から上演されてて、ずっと行きたいと思ってるのですが、いつも機会を逃してて〜。
    ほんと予定が合ったら一緒に行きたいですね!

    ReplyDelete
  3. アテクシも英語で読んでみたいー。
    探してみようー。
    先日、にゃんぼが洋書が欲しいというので
    メアリーポピンズ(笑)を買ってあげました。

    ReplyDelete
  4. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    これオススメですよ。
    男の子の視点で書かれているので、とても読みやすいです。
    メアリー・ポピンズはクラシックですね。(笑)
    ちょっと時代背景が古いけど。

    ReplyDelete