Tuesday, 2 October 2012

最近読んでいる本、これから読む本

夜寝る前は、ここ半年くらい読書している私。
↓↓↓
寝る前の読書の習慣
話題の官能小説「Fifty Shades of Grey」を読んでみた

最近読み終わったのは、Constance Briscoe(コンスタンス・ブリスコー)氏の、彼女の生い立ちを書いた実話「Ugly(アグリー)」。

ブリスコー氏は、初の女性黒人判事となったのですが、小さい頃から実母や義父からの虐待を受けていたのです。

特に母親からの虐待はヒドくて、こんなことをよく母親ができるな、と恐ろしくなります。

ブリスコー氏は、小さい時からおねしょがヒドかったのですが、きっと虐待のせいだったのでしょうね。

一時、学校の先生のところで生活していた時は、まったくおねしょはなかったようだし。

で、13歳のときには、家族揃って引っ越したのですが、7人の兄弟のうち彼女だけが実母によって元の家に置き去りにされてしまい、掃除の仕事などをしながら生活していたそう。

もちろん、このときからおねしょはまったくなかったみたいです。

と、ほんとにヒドい生い立ちなのですが、一生懸命勉強したおかげで、無事に弁護士になれたわけです。

この本が出版されたあと、ブリスコー氏の実母が、自伝に書かれた内容はまったくの虚偽だとして、彼女を名誉毀損で訴えたりしたこともあったのですが、結局、母親は敗訴。

これを読んだあと、ほんとは続けて「Beyond Ugly(ビヨンド・アグリー)」を読みたかったのですが、なぜか見つからず(ダンナが持ってた本)・・・

今度は、以前長女に買ってあげた、カズオ・イシグロ氏の「Never Let Me Go(わたしを離さないで)」を読んでます。

これ映画化されていますが、まだ観ていないのでちょうどよかった〜。



読み終わったら、観てみようと思います。

で、最近、よく本を読む私に、ダンナが友人に薦められたという本を注文してくれたのはいいのですが・・・


「The Devotion of Suspect X(容疑者Xの献身)」。

もちろん、東野圭吾氏の作品です。

たしかに、私、この本まだ読んだことなかったんですが、どうせなら、原作の日本語で読みたいよ〜!

なんでわざわざ英語で読まなきゃならないのーって。

一応、ダンナには「ありがとう」って言っておきましたが。(笑)

いつか、ちゃんと日本語で読まなくちゃ〜。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

Project Fumbaro Eastern Japan
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. 日本語の本て、やはり入手しにくいのですよね?
    ほんと、日本の作家のを英語で読むとか(爆)
    大変ですね;
    虐待とか…ニポンも増えてるんですが
    なんでこんなことが起きるんでしょうか?
    だったら生むなって話なんですよ…。
    ↑立派に成長した人もいるけど、レアケースですよね;

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    日本語の本、あることはあるのですが、お店で買うと高いし〜。
    人にいただくこともあったりするのですけどね。
    日本の作家のは、やっぱり日本語で読まないと、翻訳で上手くされてない場合もあるからねー。
    ほんと、虐待は理解出来ないですよねー。
    この人は、かなりレアなケースですよ、悲しいけど。

    ReplyDelete