Saturday, 21 July 2018

赤、緑、黄、ロンドンの自転車貸し出しシステム

ロンドン・オリンピック2012の前から、ロンドンに登場している自転車貸し出しシステム/レンタサイクル。
↓↓↓
ロンドンに新公共交通(メルマガ)
ロンドンの自転車貸し出しシステム
オリンピック・パークのチャリティー・ツアー(前編)

最初は青いコーポレートカラーの銀行に合わせて青かった自転車も・・・

現在は、スポンサーの銀行のコーポレートカラーに合わせて赤。
↓↓↓
Santander Cycles


このタイプの自転車貸し出しシステムは、ドッキング・ステーション/駐輪所で乗り降りする必要があります。

それに、かなり利用区間にも偏りがあるので、まったく自転車がないところや自転車がいっぱい、ということもあり・・・

以前聞いたところによると、定期的に専用ヴァンで自転車の移動をしているそうです。

そして、1〜2年前くらい前から、他にも自転車の貸し出しシステムを見かけるようになりました。

まず最初に見かけたのがこれ。
↓↓↓
urbo(アーボ)


ドッキング・ステーションのないタイプの貸し出しシステムです。

うちの近くにもあったのですが、最近見かけなくなってしまったので・・・

たぶん利用者が少なかったのか、上手く自転車が回らなかったのかも?

そして折りたたみ自転車の貸し出しシステム。
↓↓↓
Brompton Bike Hire(ブロンプトン)


ロンドンに本社のあるブロンプトンは買うと高いので・・・

ちょっと借りてみてから、自分に合うかどうかを確かめてみるのもいいかも。

これはドッキング・ステーション/駐輪所に折りたたんで入れるようですね。

そして、最近よく見かけるのが黄色い自転車です。
↓↓↓
ofo(オフォ)


特にドッキング・ステーションはなく、どこでも乗り捨てが可能みたい。

アプリをダウンロードして使うので、それで周辺にある自転車が分かるようです。

んが、ちょっと邪魔なところにある場合があるので、これは利用者の常識的な判断が必要ですね。

それぞれ利点と欠点のある自転車貸し出しシステムですが、ロンドンの旅行中にも便利かも〜。




最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場


楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment