Wednesday, 4 July 2018

環境に優しいグリーンな旅

ワールドカップを毎日観てるのに、今度はウィンブルドンまで始まってしまい、テレビでスポーツ観戦するのに忙しい今日この頃。(笑)

日本はベルギーに負けてしまったけれども、素晴らしい試合内容で大満足でした。

で、昨夜はイングランドvsコロンビアだったけど、つまらない試合内容で飽きた〜。

最後のPK戦で、イングランドはやっと勝ちましたが・・・

イングランドっていつもPK戦に弱いので、今回もこのまま「さようなら〜」になるかと思ったらビックリ!

テレビの解説者たちも咽せっていたので、あれはたぶん感動の涙だったのかしらん?(爆)

まだやっと8強になったばかりですが、今年はドイツ、スペインやポルトガルなども敗退しているので、イングランドにとってはいいチャンスです。

というか、今年頑張らないと絶対ムリ。(笑)

さて、ガーディアン紙で面白い記事を読みました。
↓↓↓
The last (plastic) straw: travel and its environmental responsibilities

旅行もグリーンに、使い捨てプラスチックなしで、環境に責任を持って旅をしよう・・・

という動きが活発になっているというものです。

航空会社、ホテル、旅行会社などでも使い捨てプラスチック問題について考慮し始めているとのこと。

ネパールやブータンなどへのあるトレッキング・ツアー会社では、各自1kgのゴミを回収することを提案しているそうです。

これはいいことですね。

というか、各自が自分のゴミを持ち帰ればいいことだけど。

普段の生活から、使い捨てプラスチックのストロー、ボトルやショッピング袋をなくしていくのは簡単としても、旅行中はけっこう大変です。

ヨーロッパ、北アメリカや日本など先進国ならまだしも・・・

東南アジアやアフリカなどでは、衛生上の問題からボトル入りの水なしではちょっと無理です。

で、ふと気になって、今年のホリデイ先、カンボジアの飲料水事情をちょっと調べていたら、意外な発見をしました。
↓↓↓
初めての子供抜き長期ホリデイ♪
カンボジアのプラスチック汚染

独立行政法人国際協力機構によると・・・
↓↓↓
水の問題(後編)
池上彰と考える! ビジネスパーソンの「国際貢献」入門


カンボジア、首都プノンペンの水道水はけっこう安全らしいのです。

というのも、ポルポト政権が崩壊したあと、カンボジアの生活インフラは世界各国が投資をして立て直ししたわけですが・・・

プノンペンの水道整備事業は日本企業が担当したのだとか。

だからプノンペンでは水道水は飲んでも大丈夫らしいのです。

でもほんとに大丈夫なのか?!(笑)

プノンペンだけはマイボトルだけでもなんとかなりそうだけど・・・

やっぱりそれ以外のカンボジアでは、ボトル入りの水は必須みたい。

プラスチック・フリーの旅、とりあえずやってみるなら先進国のみですね〜。




最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場


楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment