Monday, 14 September 2015

キナバタンガン川への現地ツアー

夏のホリデイの途中、ボルネオ島のSepilok(セピロック)に滞在した私たち。
↓↓↓
クアラルンプールの喧騒
ジャングルからアブラヤシ畑へ
セピロックの近くにあるオススメの宿
オランウータンたちに会いに行ってきた〜♪
熱帯雨林のトレイルを歩く♪

滞在中の1日は、ここから現地ツアーに参加しました。

現地ツアーといっても、現地で調達したのではなくて、宿泊したところのオーナーから勧められたツアー会社を、前もってインターネットで予約しておいたものです。

利用したツアー会社は、Nasalis Larvatus Toursというのだけど、Kota Kinabalu(コタ・キナバル)に本社があるみたい。

といっても、私たちのツアーは、Sandakan(サンダカン)発着です。

で、ツアー予約していた当日、送迎バスがなかなか来ない!

本当に来るのか不安になったので、宿のスタッフに電話してもらったのですが・・・

午前中からツアーに参加しているグループの中で、オランウータン・リハビリテーション・センター見学あとに集合時間に集まらなかった人たちがいて、その人たちを待っていたとか。(呆)

そんな人たち置いていってしまえばいいのに。(笑)

ってことで、予定よりも1時間以上遅れて、私たちの宿に大きなバスが迎えに来て出発〜。

どこに向かったかというと・・・

全長560kmくらいあるという、Kinabatangan River(キナバタンガン川)。

大型バスで行きは3時間近くかかったかも。(爆)

だって、バスが古かったらしくて、坂とかトロトロ登ったりしてぜんぜんスピードが出ない!

帰りは大きめの車だったのですが、それは2時間かからないくらいでした。(笑)

キナバタンガン川は、上流はアブラヤシ畑などでかなり開発されていまい自然破壊が進んでしまったようですが、下流のほうは保護地区になっています。

行ってから思ったのは、ここに1〜2泊くらいすればよかったな、ということ。

行くまでが時間かかるし、行ったらたくさんの野生動物を観察できる機会があるから、ちょっとでも長く滞在したいところです。


でも、私たちはとてもラッキーで、2〜3時間のうちに、いろいろな動物や昆虫を観ることができたので大満足。

なんだか前置きが長くなってしまったので、続きはまた明日〜。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment