Wednesday, 9 September 2015

セピロックの近くにあるオススメの宿

クアラルンプールから、ボルネオ島のサバ州にある、Sandakan(サンダカン)に向かった私たち。
↓↓↓
クアラルンプールの喧騒
ジャングルからアブラヤシ畑へ

飛行機で約3時間です。

空港に到着して、そのままタクシーでホテルに直行〜。

ホテルは、サンダカンの町の中ではなく、ちょっと内陸に入ったSepilok(セピロック)の近くなので、タクシー代はRM40(約1100円)でした。

ホテルに到着すると、特にレセプションはなくて・・・(笑)


兼ダイニング・エリアで、スタッフらしき人を捕まえてチェック・インします。
↓↓↓
Paganakan Dii(パガナカン・ディー)

この「パガナカン・ディー」って、この地域の言葉で「家族」って意味だそう。

その言葉通り、家族のように旅人を受け入れてくれます。

ここには、バックパッカーやグループが泊まる、2段ベッドがたくさん置いてある、ロングハウスもあります。


が、私たちが宿泊したのは・・・


家族4人で滞在できる、端っこのほうにあるRidge Hut(リッジ・ハット)です。


これで2部屋のユニットで、私たちが泊まったのは右側の部屋。


階段を上ると・・・


引き戸があり、部屋に入れるようになっています。

部屋の中には、ダブルベッドと2段ベッドがあり、それぞれ蚊帳が付いています。


電気も通っているし(停電もあるけど)、エアコンもあるので夜も涼しく過ごせます。

それに、この部屋の一番いいところは・・・


目の前に広がる熱帯雨林のジャングル!!

で、トイレとシャワーは、部屋の外。(爆)


といっても、屋根はあって、隣の部屋との間に仕切り壁があり、それぞれトイレ/シャワーがあるわけ。

一応、シャワーにはカーテンらしきものがあるので、目隠しになります。(笑)


まぁ、外は崖&森という感じなので、野生動物以外は何もいないけども。

この周辺には、自然以外には本当に何もないのですが・・・

セピロックまでのシャトルバスは無料であるし、スタッフにタクシーを手配してもらったり、と手段はあるので安心です。

朝食は宿泊代に含まれていて、あんまりバラエティはないのだけど、ランチやディナーもここで食べられます(その日の朝に要予約)。

が、毎日ここだとちょっと飽きるので、たまに外で食べて変化をつけることをオススメします。

出歩くので、必然的にランチは外になるけどね。(笑)

と、ここをベースに、数日間、サバ州の大自然を楽しんできました〜。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment