Sunday, 9 November 2014

お鍋の新旧交代

下町ロンドンの我が家が建てられてから、今年でちょうど100年目。

私とダンナがこの家に引っ越してきたのが、1995年の春なので、もう丸19年が過ぎました〜。

いやー、なんだかあっという間です。

この家に引っ越してきたときに、とっても便利だったのが、持ち主が亡くなっていたために家具ごと買い取ったことです。
↓↓↓
下町ロンドンで家を買う(その1)(メルマガ)
下町ロンドンで家を買う(その2)(メルマガ)
古い小さな缶
粗大ゴミの処理の仕方
アンティークの缶も60周年
スツールのリフォーム

荷物の整理が大変だったものの、大きな家具を持っていなかった私たちには、ほんとに助かりました。

今でも使っているのは、各部屋にあるタンス類、サイドボードなどの他にも、キッチン用品があります。

その中でも、気に入っていたのがこのお鍋のセット。


底が銅になっているので熱の伝わり方がいいし、大きいほうの鍋は、家族4人分のお味噌汁を作るのに、ちょうどいい大きさなのです。

んが・・・

数年前から、この大きいほうのお鍋の取っ手がぐらつき始めました。

それでもずっと使えていたのですが、最近、やっぱり危ないかな〜と思うほどに。


かなりヒビが入ってきて、重いものを(煮えた湯とか)入れたときに、ちょっと不安になるのです。

この取っ手だけ付け替えることが出来れば、まだまだ使えるのにな〜。

私たちも19年以上使っているし、前の家の持ち主も使っていたので、もうたしかに寿命なのだろうけども。

で、使っている最中に取っ手が取れたりしたら危ないので、やはり新しいお鍋を購入することにしました。


それがちょっと大きめの、このステンレスのお鍋(写真右)。
↓↓↓
湖水地方から小包
新しいチップ・パン

私のお気に入り、Lakeland(レイクランド)で購入したのですが、これにはアルミがステンレスに挟まれている3層構造で、熱が均等に伝導するそう。

今までのよりもちょっと重いので、慣れるまでに時間がかかりそうですが、気に入っています。

もちろん、小さいほうのお鍋は、まだまだ現役で頑張ってもらいますよ〜。(笑)




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

英国政府観光庁オフィシャル・ショップ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment