Tuesday, 25 May 2010

古い小さな缶

昨日は気温28度くらいまであったみたいですが、今日は最高気温19度らしいです。

いきなり気温が上がったり下がったり、朝、何を着ようかと迷ってしまう今日この頃。

さて、お天気がいい日に、久し振りに拭き掃除をしていたら、こんなものが目にとまりました。

これはOvaltine(オヴァルティン)の錠剤が入っていた小さな缶。

私達がこの家に引っ越してきた時に、この家の中にあったものの一つです。

私達が家を買ったときのエピソードはこちらからどうぞ。

下町ロンドンで家を買う(その1)

下町ロンドンで家を買う(その2)

オヴァルティンって、今でもスーパーマーケットなんかに売っているインスタント飲料。

(http://www.ovaltine.co.uk) 大麦モルト、卵やミルクとかが入っているんです。

ちなみにオヴァルティンのOvaっていうのは卵って意味。

で、昔はその錠剤があったわけ。

缶には、「錠剤を口の中で融かす」とあります。

そして注意書きとして、「この錠剤は食べるためのものです。飲料を作るものではありません」って。(笑)

この缶を見つけたときは、中身は空っぽだったので、この家の前の住人も食べていたのかな。

なんと、戦時中は軍の配給品にも入っていたらしいです。

現代のイギリスには食料も豊富にあるし、あまり栄養失調にはなるってことはないけれど、昔は栄養補給として必要だったのですね。



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

4 comments:

  1. へ~!
    こういうのって隔世の感がありますわね。
    今じゃ、ミロみたいな飲料なのでしょうか?
    戦時中とか、貴重な栄養源だったのかな?
    あ、日本とは違うか。
    なんでも配給でしたからね、日本は。
    卵なんてあんまり食べられなかったはず。
    それにしても、味のある缶ですわ。
    オサレです。

    ReplyDelete
  2. 缶に見えないですね。素敵。
    味はどんな感じなのですか?

    家購入エピソード面白かったです。
    やはりビビッとくるものなんですね。
    友達も色々みて諦めかけた時に出会いがあったそうです。

    ReplyDelete
  3. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    この缶、ほんとに時代を感じます。
    重さの単位とかも違うしね。(笑)
    そう、たぶんミロみたいの。
    一応栄養があるミルク飲料です。
    こっちでも配給あったんですよ!
    で、庭はみんな畑になっていたとか。
    昔はあちこちでニワトリを飼っていたらしいし。
    ペットじゃなくて食料確保のためですけどね、もちろん。

    ReplyDelete
  4. mocoさん、こんにちは〜。

    この缶に小さな小物とかを入れてます。
    錠剤の方は食べたことがないので?ですが、以前飲料を飲んだ時はなかなか美味しかったです。
    寝る前に飲むといいような素朴なミルク飲料って感じで、ココアの代わりに。
    家を購入した時のエピソード、読んでいただいたのですね〜。
    ありがとうございます。
    そう、やっぱり結婚みたいにご縁ってものが家にもある感じがします。

    ReplyDelete