Sunday, 20 March 2016

壁紙に四苦八苦

昨日から、やっと長男の部屋のリフォームを開始しました。
↓↓↓
1人でお留守番…でリフォーム開始!

んが・・・

この家の前の持ち主がリフォームしたとき、前例から見てたぶん60〜70年代の壁紙が強敵すぎて難航中。(笑)

私たちが引っ越してきた21年前から、長男の部屋は今までに2回フォームしたのですが・・・

2回とも、壁紙の状態が良かったので、そのままその上にペンキを塗っただけでした。

が、今回、壁紙に部分的にダメージがあって剥がさないといけなくなったので、昨日は部屋の端から壁紙を剥がし始めました。


そしたら・・・

昔の職人さんの腕がとても良かったらしく、壁紙がしっかりと壁にくっついたまま。(爆)

以前購入したスチーム・クリーナーを使いながらやってるのですが・・・
↓↓↓
ライムスケイル予防と対策


なかなか進まなくて大変〜。

長男が帰宅するまでに、なんとか出来るところまでやるつもりだけど、どれだけ進むやら。

ところで、以前、キッチンのリフォームをしていたときも発見したのですが・・・

ここにも壁に書き込みがありました。
↓↓↓
キッチンのリフォーム工事開始で〜す


なんと書いてあるのかは、よくわからないのですが、時期はやっぱりこの壁が作られたときなのかな〜?

この家が建てられたのは1914年。

1世紀以上前のものか、それとも40年〜50年前なのか、どちらにしてもこの家の歴史を感じますね〜。




英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. こんにちは。うちも今、ベッドルームの壁の塗り替えを計画中です。今日は壁のえぐれたところに補修剤を塗り込んで平らにしたので、明日あたりからペンキを塗り始めます。窓の近くにカビが出て、アルコールで拭いてもダメで、この際壁全部を振り直そうということになりました。小さい部屋を塗った時も結構時間がかかったので、今回も覚悟してやります。
    今うちのフラットには補修工事が入っていて、共用部分の壁のペンキが塗り替えられたりしているのですが、その技術たるや、素人の私でもできそうなレベルで・・・。エレベーターフロアの床もタイルから安っぽいシートみたいなものに変えられて。でもうちの負担は5000ポンドくらいになりそうで、納得いきませんよー。

    ReplyDelete
  2. yarnmaruさん、こんにちは〜。

    おー、yarnmaruさんのところでもやるんですねー。
    何も家具がない状態なら、ほんとにラクなのですが、生活しながらっていうのが難ですよね。
    お互い頑張りましょう〜♪

    そうそう、デコレーターとかの腕がプロ級で納得いくならいいけど、自分でも出来そうなレベルでお金払うのって癪!
    だから私も、自分で出来るものは全部自分でやるようになったわけですが。(笑)
    えー、1フラット£5000もとるんですかー!
    それって、誰かに苦情言えるなら言っておいたほうがいいかも。
    文書でリストにして、プロジェクトの責任者に渡したほうがいいと思いますよ。

    ReplyDelete