Friday, 20 January 2017

日本の子どもと貧困

以前から、朝日新聞デジタルの特集を読んでいて、日本でも貧富の差が広がっている様子は知っていました。
↓↓↓
シリーズ「子どもと貧困」

貧困の原因は人それぞれですが・・・

貧困が原因で、一番被害を受けているのはやはり立場の弱い子供たち。

食べることも満足に出来ない子たちは、ここイギリスや、以前住んでいたアメリカでも存在します。

でも、日本でもそれが広がっているというのは、ちょっとショック。

戦後とかならまだしも、現在の日本は世界の中でも有数の裕福な国なのに。

数日前、日本の子供の貧困についての記事が、ガーディアン紙で紹介されていました。
↓↓↓
Japan's rising child poverty exposes true cost of two decades of economic decline
20年間の経済衰退がもたらした増加する日本の子供の貧困

埼玉県川口市にある、川口こども食堂のことが例に取り上げられ・・・

日本でも約3万5千人、17歳以下の6人に1人の割合、の子供たちが貧困に晒されている、という事実が記事に書かれています。

Unicef(国際連合児童基金/ユニセフ)の統計調査によると・・・

貧富の格差と子供の貧困率から見ると、先進国41ヶ国のうち日本は34位なんだそうです。

ちょっと悲しいことですよね〜。

ちなみに一番格差の小さい国はデンマーク、一番格差のあるのがイスラエル。
↓↓↓
New figures on growing inequality among children in high-income countries – UNICEF

日本では、なんとこの4年間で、こども食堂が300以上もオープンしているそうです。

主に経済的貧困や、家庭の事情で孤食を強いられている心の貧困に陥っている子どもたちや親に利用してもらうため。

月1回〜数回の頻度で、無料または格安で利用出来るこども食堂ですが・・・

政府も助成金とか出しているのかしらん?

もしも助成金制度がないなら、絶対に作るべきだし・・・

長い目で見た、格差を減らすための政策を考えて欲しいところです。




英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment