Saturday, 15 October 2016

温暖化ガス、代替フロン(HFCs)の規制

世界的な温暖化対策のために、代替フロンであるhydrofluorocarbons(ハイドロフルオロカーボン/HFCs)が、段階的に生産規制されることが採択されたそう。
↓↓↓
Climate change: global deal reached to limit use of hydrofluorocarbons(ガーディアン紙)
Climate change: 'Monumental' deal to cut HFCs, fastest growing greenhouse gases(BBC)

代替フロンは、エアコンや冷蔵庫の冷媒に使われるガスですが・・・

フロンのようにオゾン層を破壊することはないものの、CO2(二酸化炭素)よりもかなり強力な温室効果ガスだそうです。

その性質は以前から解明されてて、京都議定書の中でも削減対象ガスとなっていたのですが・・・

やっと今、世界的に生産規制を開始する、というところまで行き着いたわけですね。

昨年末には、アメリカ、中国やインドなどを含めた196ヶ国が、温室効果ガス削減を約束するパリ協定を採択したばかりですが・・・
↓↓↓
パリ協定で思ったこと

イギリス、日本やアメリカなどの先進国は、2019年からHFCsの削減開始。

中国やインドを含む100ヶ国以上の開発途上国は、早くて2024年から開始するとの合意です。

でも、中国って、二酸化炭素排出量が世界第1位・・・
↓↓↓
Global CO2 Emissions(Global Carbon Atlas)

そして同時に、世界GDPランキングでは世界第2位です。
↓↓↓
GDP (nominal) Ranking 2016(StatisticsTimes)

それなのに、なぜまだ開発途上国?

ダントツに二酸化炭素排出量が多く、経済力もあるのだから、先進国と同じように2019年から対策を始めるべきだと思うけどね。

南シナ海の珊瑚礁に人工島造成したり、諸島にミサイルを配備したりする余裕があるなら、HFCsの削減規制をまず先にお願いしたいところです。
↓↓↓
What China Has Been Building in the South China Sea(ニューヨーク・タイムズ紙)
Beijing warns US to stay out of South China Sea dispute(ガーディアン紙)

HFCsを規制すると、今世紀末までに0.5度の気温上昇を抑えられるらしいのですが・・・

それだけで十分とは思えない気がします。




英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment