Sunday, 13 May 2018

セラフィールドと長期間の核廃棄物貯蔵施設

以前、ブログでも記事にしたことがある、カンブリア州にあるSellafield(セラフィールド)ですが・・・
↓↓↓
海辺の放射能汚染
セラフィールドは「許容不可能なリスク」
核廃棄物貯蔵施設は白紙に
セラフィールドの朽ちた姿に驚愕

昨日、ガーディアン紙でこんな記事を読みました。
↓↓↓
Sellafield faces huge fine over worker's exposure to radiation

セラフィールドは、イギリス国内だけでなく日本やアメリカからの核廃棄物も貯蔵している施設ですが・・・

従業員たちの被曝に対しての責任として、セラフィールドに多額の罰金を課せられるかもしれない、というものです。

数年前にも、核廃棄物を違法に破棄したことに対して、£70万の罰金を課せられたセラフィールド。
↓↓↓
Sellafield fined after incorrect disposal of radioactive waste

今回の罰金は、昨年2月のセラフィールド内で作業中だった従業員の事故によるものらしいけども・・・

このとき従業員は、年間許容量の約3倍の放射能を浴びたのだとかで、規制当局が訴えたようです。

ってことで、裁判はこれかららしいけど。

それに、セラフィールドが劣化し続けているので・・・

長期間の核廃棄物貯蔵施設の建設を目的とした調査をするために、政府は調査の立候補をする自治体に£100万の報奨金を提供する方針を示しているみたい。
↓↓↓
Campaigners slam £1m incentive to store nuclear waste

でもそれに対して、野党からだけでなく与党からも反対意見が出ているらしいので、どうなるやら?

長期間の核廃棄物貯蔵施設はもちろん必要なので、一番適切な地下に建設する必要があるけども・・・

こういうやり方でほんとに適地が見つけられるのかな?

それに、こんな巨額な税金が核廃棄物に垂れ流しになっているのに・・・

どうしてさらに原子力発電所を建設する必要があるのでしょうね。
↓↓↓
Hinkley Point: the ‘dreadful deal’ behind the world’s most expensive power plant




英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場




最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment