Tuesday, 6 December 2016

スッキリして美味しいジン

長女がPlymouth(プリマス)に行ってから・・・

ダンナと私が飲み出したものがあります。

それはGin(ジン)。

プリマスに行くまでは、私は数えるほどしか飲んだ機会がなかったのですが・・・

プリマスって、マティーニやジン・アンド・トニックなどに使われる蒸留酒のプリマス・ジンが有名なのです。


ここのジンは、1793年から伝わるレシピが現在も使われているとか。

ロンドンでもジンは昔から作られていますが・・・

プリマス・ジンは、唯一イギリスで地理的表示が認められているジンで、プリマスの旧城壁に囲まれた地域の中で蒸溜されるものだけがプリマス・ジンと呼ぶことができます。

で、プリマス・ジンがキッカケで、ときどきダンナとジン・アンド・トニックを飲むようになりました。(笑)

もちろんプリマス・ジンだけでなく、今まで数種類のジンを飲んでいますが・・・

私のカクテルはジンの割合が低いから、ほとんどトニック・ウォーター味なのでよくわからないけど。(爆)

私がジンを選ぶ基準はというと・・・

素敵な瓶のデザイン♪

例えばこれ。


ロンドンのジン蒸溜所Sipsmith(シップスミス)のドライ・ジン。

あとから知ったのですが、いろいろな賞も取っている実力派です。

そして最近購入したのがこれ。


BLOOM(ブルーム)という、ロンドン・ドライ・ジン。

こちらも賞を取っているみたい。

でもロンドン・ジンとはいえ、ロンドンで作られているわけではなく、蒸溜所はチェシャー州にあるようです。

ジンってアルコール度が高いので、私はストレートで飲めないからそのままで味見はしないのだけど・・・

トニック・ウォーターと混ぜたジン・アンド・トニックは、スッキリして美味しい〜。

もともとジンは薬として作られたものらしく、ジュニパー・ベリー(杜松の実)、アンジェリカ、オリスの根などいろいろなハーブが上手く調和してるらしいので・・・

なんとなく健康にもいいような気がするけど、都合が良すぎる?(笑)




英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

4 comments:

  1. そうなんですか~。デボンに住んでいるのに知りませんでした。まあ北デボンと南って距離的にも遠いし、あんまり縁がないんですよね。プリマスまで車で2時間ですからね。店で見たこともないなあ。
    私は毎年のように庭に勝手になるスローの実でスロー・ジンやスローウォッカを作ります。きつい梅酒みたいでおいしいですよ。売って欲しいと人に頼まれるくらいです。(笑)

    ReplyDelete
  2. Atsukoさん、こんにちは〜。

    プリマス・ジンは有名らしくて、だいたいどこでも売ってます。ほとんどのスーパーマーケットで見かけるので、ぜひお試しを。
    スロー・ジンって聞いたことはありますが、まだ味見したことがないです。きつい梅酒風味なら美味しいそうですね!今度買ってみようかな。

    ReplyDelete
  3. 私も、プリマスでジンが好きになりました!それまではがぜんウォッカ派だったのですが。。

    中でもスロージン(sloe gin)が、アルコール度数も優し目で、甘い風味でお勧めです~。…と書こうと思っていたら、上の方もスロージンについて書かれていますね。手作りスロージンも頂いたことがあって、それもとても美味しかったです。そのときの会話に「プラム」の単語が出てきたので、てっきりプラムから作る、まさに日本でいうところの「梅酒」だと思っていました。調べてみると「スローベリー」というプラムに類するベリーが原料の1つのようですが、まあ、梅酒でしょう。

    プリマスジン。プリマス内でも、どこにでも売っているわけでは無さそうでしたが、同じデボンでも入手が難しいとは。。プリマスのジン蒸留所などで、スロージンを含んだ3種類のジン小量(50cc)セットが売られていて、ボトルや箱のデザイン(三角形)もかわいいらしい感じでしたよ。


    「ジンは薬」の話。プリマス郊外に、バックランドアビー(Buckland Abbey)というナショナルトラストがあります。サー・フランシス・ドレークの旧住居です。そこに、昔の船員・労働者たちの生活を説明した掲示板があり「船員には週に7ガロン(26.5リットル)のビール支給」とか「水は健康に悪いと考えられていて、労働者は1日1ガロンのサイダーを飲んでいた」などとの内容が書かれていました。。「ジンが薬」と言われたのは、そういう時代だったのかも?ジンはハーブがいっぱい入っていて健康に良さそうな気もしますが、、でも、飲み過ぎにはご注意を。

    ReplyDelete
  4. Anonymousさん、こんにちは〜。

    ジン、けっこうイケますよね。(笑)スロー・ジン、絶対試してみます。スローはベリーで我が家がよく行く森にもなってたのを見たことがあります。見た目は小さくて、ちょっとブルーベリーに似た感じの実です。
    長女が、プリマス・ジン蒸留所で買うよりも、セインズベリーで買った方が安いと言ってたのですがほんとでした。(爆)でも、蒸留所だと可愛いセットとかあってお土産とかに良さそうなのが売ってますよね。
    そうそう、昔イギリスでは水が汚染されてて飲用に向かなかったから、その代わりにビールなどが利用されていたそうですよね。水がきれいな日本では想像つかないけども。確かに、汚い水よりはアルコールを飲んだほうが安全。現代は、やっぱりアルコールはほどほどにしたほうが良さそうですね。(笑)

    ReplyDelete