Thursday, 28 November 2013

William Morris Gallery(ウィリアム・モリス・ギャラリー)

近所に住む友人が、まだここに行ったことがないというので、一緒に行ってきました〜。


イギリスのArts and Crafts Movement(アーツ・アンド・クラフツ運動)、そして社会主義の先駆者であるウィリアム・モリスが、幼少期を過ごした家。

現在は、William Morris Gallery(ウィリアム・モリス・ギャラリー)になっています。

実は、このギャラリーは昨年大掛かりな改装・増築をして再オープンし、2013年のMuseum of the Year(今年の博物館)に選ばれています。

私がここに来るのは3〜4回目くらいですが、改装してからは初めて。

以前よりは、もっとユーザー・フレンドリーになっている感じでしたが、展示物は減ったような気が・・・


気のせいかしらん?


それか、どこかの博物館などに貸している可能性もありますね。

すでに博物館の中には、クリスマスのデコレーションが飾られていました。


ちょっと気が早いと思うのだけどね。


12月に入ってからで十分なのに。

昨年増築されたコンサーバトリーには、カフェが併設されました。


このギャラリーは水曜日から日曜日だけオープンしていて、カフェも同じときにオープン。

ランチ、ケーキ、紅茶やコーヒーがあって、良心的なお値段と味でした(午後2時からはアフタヌーン・ティーもあり)。


けっこう人気があるようで、ランチの時間は混んでいたし、そのあともひっきりなしに人が入ってきていました。

友人は、今日のスープ(たぶんサツマイモとかが入ったもの)・・・


私はカボチャや豆入りのパイを食べてみたのですが、両方とも素朴でなかなか美味しいものでした。


以前行った、家全体が見所のレッド・ハウスと比べると、展示物には見劣りがあるかもしれませんが、ウィリアム・モリスが好きな人なら1度は観に行くことをオススメします〜。
↓↓↓
ウィリアム・モリスのレッド・ハウス




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. カフェだけ明らかに色が違う-。
    でも、食事は美味しそうですね。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    あのカフェ、けっこうよかったですよ。
    美味しかったし〜。
    ただ時間帯ではかなり混むようです。

    ReplyDelete