Wednesday, 14 October 2015

クロブタのネオンサイン

先週、GP(一般医/家庭医)のところへ行って、看護婦さんにsmear test(スミア・テスト)と呼ばれる子宮頸癌検診をしてもらったのですが・・・
↓↓↓
スミア・テストとショックな出来事

昨日、検査結果が封書で送られてきました。

結果が出るまで2週間くらいかかるかも、と看護婦さんに言われていたので、たった1週間という早さにビックリ。

イギリスだと、2週間と言われたら3週間かかっても不思議じゃないのに。(笑)

NHS(National Health Service 国民医療保健サービス)、頑張ってくれてありがとう〜。

で、結果はノーマルだったので問題なしです。

以前、異常細胞が見つかったときは、毎年検査を受けることになったので、けっこう面倒だったけども。

次の検診までに大台に乗るので、今度は5年後かな?

ところで、ロンドンの日本語情報誌「Onlineジャーニー」でこんな記事を読みました。
↓↓↓
KUROBUTA事件【続報】:イブニングスタンダード電子版をご覧ください!

ロンドンにある日本食レストランのKUROBUTA(クロブタ)に、「やりまん」と「売春婦、あります」というネオンサインが煌々と点いているとかで、それを取り外すようにレストランに抗議をしているとか。
↓↓↓
Kurobuta chef to remove 'sleazy' signs saying 'prostitutes available' after feminist protests(イヴニング・スタンダード紙)

お店側としては、これはあくまでもアート/芸術であるということらしいけども・・・

こんな女性を蔑んでバカにしたようなものを、アートを呼べないと思うわ。

もちろん芸術って、いつの時代も境界を越えていくものだから、挑発的なものもありだとは思うし、そういうアートって私は好きな方だと思うけど・・・

これは「は?何これ?」って感じで、人に嫌な思いをさせるものだと思うのです。

だって、日本食レストランなんだから、日本人というか日本語を理解できる人がネオンを目にするのは、高い確率であるわけですよね。

日本語がわからない人が見たら、特に何も感じないだろうけど・・・

私がお店の前でそのネオンを見たら、絶対に入るのを止めると思います。

それか、お店の人に「このネオンの意味は何?」って聞いてみるかな?

ちなみに、このレストランには行ったことがないのですが・・・

行ってみようという気が完全に失せましたね。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment