Friday, 6 February 2015

今年の麹作りを開始

今朝、無事に5時起きが出来た私。
↓↓↓
明日は早起き!

長男はなんと4時に起きたそうです。(爆)

ちょっと早過ぎ!

6時に家を出れば十分間に合うと思うのに・・・

同じ地理のクラスを取っているという地元の友人と、駅で5時半に待ち合わせたと。(笑)

まぁ遅刻するよりはマシね。

で、お弁当を作って、5時半に駅に車で送って行ったあと、ひとまず私はもう1度ベッドに入って横になったものの、2度寝に失敗。

結局、白々と空が明るくなってきた頃に、ビリーのお散歩へ行きました。

お散歩中に、長男に携帯電話でメッセージを送ってみたところ・・・

やはり集合時間の30分前には、シックス・フォーム・カレッジ(高校)に到着したそうです。(笑)

さて・・・

昨夜は、ちゃんとリゾット米を水に浸けるのを忘れなかったので、今日から麹作りを開始!
↓↓↓
今年も玄米から始まり〜♪

発芽玄米とリゾット米、両方ともザルに入れて水切ってから・・・

まずは、ちょっと固めの発芽玄米のほうから蒸すのを始めました。


なんとなく、気持ち柔らかくなってきたところで・・・

発芽玄米の上に、リゾット米をドバッと上から乗せて、さらに蒸し続けました。


たしか昨年は別々に蒸したのですが、今年は、麹作りの段階から一緒に混ぜてしまおうと思ったので、別々に蒸すのも面倒なので一緒くたに。(笑)

蒸し終わったところで、発芽玄米とリゾット米をよく混ぜて・・・


ちょっと多めにバッサバサと、昨年の初めに賞味期限が切れてしまった種麹を振りかけました。(爆)

多く入れたから、たぶん、大丈夫なはず?(笑)

種麹もよーく混ぜ込みます。

そして、以前から使っている園芸用の保温ヒーター・トレイの上に置き、プラスチック製の蓋を被せて温度と湿度を保つようにしてあります。


一番最初に自家製の麹を作ったときは、消毒から温度管理までけっこう細かく気を使ったけども、そのあとはだいたいの温度を調整するくらいでかなり適当。

それでも、条件さえ合っていれば、麹はよく育ってくれるものなのですよね。

さ〜て、今年の麹作りは上手くいくかな〜?




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

英国政府観光庁オフィシャル・ショップ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. イギリスのチップに関してのコメントありがとうございました。これからは10%払うことにします。助かりました。
    糠のほううまくいくといいですね。ロンドンも最近は住宅不足で困っていてmicroHOUSEのアパートがたくさん立っているという記事を読みました。今借りているアパートもそんな感じですが、余分なものがなくて私は好きです。イギリスのほうが人間も環境も日本に似ているような気がしますが、公共の場所が汚いのだけはちょっと閉口します・・・が、それももう慣れてきちゃいました(笑)また遊びに来ますよろしくお願いします。

    ReplyDelete
  2. Haruko Mamaさん、こんにちは〜。

    わざわざこちらにもコメントありがとうございます。
    確かにチップのルールは面倒ですよねー。
    ロンドンはほんとに住宅不足らしくて、うちの近所でもたくさんフラット(日本のアパートとかマンション)が建てられてます。
    そんなに人が増えても、学校や病院が需要に追いつくのか疑問ですが。
    たしかに、公共の場は汚いですね〜。
    私もダンナもゴミを投げ捨てる人を見ると、ムッとして注意します。(笑)
    以前、小学校の帰りに親でやっている人がいてビックリしました。
    私はゴミを拾って、「これ落としましたよ!」と言ってまた持たせましたけどね。(爆)
    イギリスでの生活、エンジョイしてくださいね〜。

    ReplyDelete