Wednesday, 19 November 2014

鶏肉での食中毒に要注意

ガーディアン紙でこんな記事を読みました〜。
↓↓↓
Campylobacter contamination found in over half of UK’s fresh chicken
イギリスの生の鶏肉の半分以上がカンピロバクターで汚染されている

カンピロバクターというのは、食中毒の原因となる菌の1つ。

最近の調査によると、スーパーマーケットなどで販売されている、生の鶏肉のうち、59%がカンピロバクターで汚染されていたそうです。

ひえー。

現在、イギリスには特にこの食中毒菌への規制はないらしく、たとえ検査でカンピロバクター菌が発見されても、普通にお店で売られているとか。

まぁ、カンピロバクター菌に汚染されてても、冷凍するとかなり菌が減るようだし・・・

もちろん、中まで十分調理すれば、菌が生き延びることはありません。

だから、各家庭である程度気をつけていれば、食中毒になる危険は小さいはず。

イギリスでは、ニワトリなどを丸焼きにするロースト・ディナーなどを調理する機会が多いので、とにかくお肉の中心までしっかり火を通すことがポイント・・・

それに、生肉はなるべく他の食材との接触がないように、冷蔵庫で保存しているときや、調理中なども生野菜などとは別々にすることが大事ですね〜。

特に、生鶏肉を洗う…という行為は止めるように、ということです。

そうすることによって、菌があちこちに飛び散ってしまうそう。

みなさんも、生の鶏肉を調理するときはくれぐれも気をつけてくださいね〜。
The Food Standards Agency(食品基準庁)から画像拝借
(クリックすると大きくなります)






魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

英国政府観光庁オフィシャル・ショップ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment