Saturday, 1 November 2014

ポピーで埋め尽くされたロンドン塔

今日、やっとここへ行ってきました〜。


ロンドン塔でやっているアート・インスタレーション、Blood Swept Lands and Seas of Red(ブラッド・スウェプト・ランズ・アンド・シーズ・オヴ・レッド)。
↓↓↓
Blood Swept Lands and Seas of Red

いやー、混んでましたね、やっぱり。


よくわからない人は、そのまま長い列に並び始めていましたが、私とダンナは上手くいろいろ切り抜けて、サッと観ることが出来ました〜。(笑)


圧巻!!

このアート・インスタレーションは、第1次世界大戦の開戦からちょうど100年ということで、戦没者追悼記念に行われているものです。


8月から1本ずつ設置され、終戦記念日になる11月11日に最後の1本が設置される予定です。

そのため、陶器製のポピーの数は、イギリスの戦没者数と同じ888,246本。

今日も、ボランティアの方々によって、次々とポピーが設置されていました。


当日には、ロンドン塔のお濠がいっぱいになるのでしょうか・・・

あれだけの夥しい数の兵士たちが戦場に倒れたのかと、改めてご冥福をお祈りしたいと思いました。

以前、子供たちが小さい頃に、フランスの第1次世界大戦の戦地跡も見学したことがありますが、その時とはまたひと味違った感動でした。

そのときは知らなかったのですが・・・

ついこの間、ダンナがこんなものを義母からいただいてきました。


ダンナの曾祖父の第1次世界大戦のメダル。


メダルの側面には、曾祖父の名前も入っています。

やはり、ダンナの曾祖父も戦場に行っていたようです。

このポピーの犠牲者の中にも、曽祖父と一緒に戦場で戦った人もたくさんいるのでしょうね。

ちなみにこのアート・インスタレーションのデザイナーは、セラミック・アーティストのPaul Cummins(ポール・カミンズ)氏とシアター・デザイナーのTom Piper(トム・パイパー)氏です。

そして、ここで使われている陶器製のポピーは1つずつ販売されて、その収益金は現代の兵士たちへの支援をする、6つのチャリティーに寄付されるそうです。

ロンドン塔の側では、このアート・インスタレーションを宣伝する2階建てバスも見かけました〜。


素敵なアート・インスタレーション、というだけでなく、第1次世界大戦の戦没者のことを考えるきっかけにもなる、Blood Swept Lands and Seas of Red(ブラッド・スウェプト・ランズ・アンド・シーズ・オヴ・レッド)、オススメです。






魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

英国政府観光庁オフィシャル・ショップ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. 戦没者に祈りをささげるのって、当たり前ですよね。
    どこの国であっても。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    ほんとに、戦没者たちのおかげで今の平和があるわけです。
    それにしても人間て学ばないというか、いつの時代も戦争が続くよね。(溜)

    ReplyDelete