Monday, 20 October 2014

行きと帰りの運賃が違うって?!

先月から、地方で大学生活を送っている長女。
↓↓↓
子育ては成功?

ときどき電話が来ますが、相変わらず、料理の作り方など聞きたいことがあるときのみです。(笑)

まぁ、「no news is good news(便りのないのはよい便り)」って言いますからね〜。

さて、そろそろ10月半ばにも入ったので・・・

長女に、クリスマスの時期にロンドンに帰ってくるときの、電車のチケットを取るように伝えておきました(オンライン予約)。

というのも、イギリスでは、直前に購入するとやけに運賃が高いのです(ロンドン周辺などは同じ)。

だから予定がわかっている場合、早めに予約したほうがお得。

イギリスではクリスマスの前後はやっぱり交通機関が混むので、チケットの予約は早めに済ませておいたほうがいいしね。

日本では、いつ購入しても電車の運賃って変化しないと思うのですが・・・

イギリスでは、どれほど前に購入するか、どの時間に乗車するのか、などの条件によって運賃が変わるのです。

長女が地方へ行く前に、電車の運賃が少しでもお得になるようにと、16〜25歳用レイルカードを購入したので1/3割引になります。
↓↓↓
レイルカード

が、それでも、乗車する日や時間帯によってかなり値段が違うのです。

例えば、今回長女が購入したチケットは・・・

ロンドンまでの運賃(午後2時発)が、£17.95
ロンドンからの運賃(午後5時近く発)が、£34.65

と、行きと帰りの運賃が2倍近くも違います。

もちろん同じ駅発着なので同じ距離。(笑)

それに、£17.95の前後の電車の運賃は、同じ日の同じ目的地(ロンドン)で£54.25なんてものもあるので、この差にはビックリです!

これって、1等車と2等車の違いではなくて、両方の運賃とも2等車のもの。

もちろん、1等車はもっと高いですよ〜。(笑)

たしかに需要供給ってのもあるし、少し変動するのはわかるけど、同じ目的地へ行くのになんでそんなに運賃が違うのかしらん?

どうやって値段を決めるのか聞いてみたいところです。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

英国政府観光庁オフィシャル・ショップ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. あー、日本は電車は同じですよー。
    盆や正月うっすら高いってことはあったかもしれませんが数百円の範囲だと思います。
    こっちでは、飛行機の運賃が全然違いますね。
    ほんと、えげつなく儲けようとしますよ。
    運賃が安いのが売りのLCCですら、盆正月はありえない金額になりますからね(ため息)
    そうそう、同じ日でも時間によって違いますよ。
    たぶん、不便な時間(早朝とか深夜発着)が安いのだと思うけど、昼間が安いこともあり、そういうのは????です。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    そう、日本は電車の場合、距離で料金が決まるはず。
    それが正当と思われますが、えげれすの計算はどうなっているやら。
    確かに飛行機はこちらでも値段がかなり変わりますね。
    それと同じような感じなのか?

    ReplyDelete