Thursday, 31 October 2013

ブリュッセルで初めての経験

ダンナと一緒に、Brussels(ブリュッセル)に1泊旅行に行ってました〜。

といっても、ダンナは出張だったのですが。(笑)

今週は、ちょうど子どもたちもハーフタームなので、家族一緒に行こうと思えば一緒に行けたのですが・・・

ビリーのことなどちゃんと段取りをしなかったのと、長女もアルバイトが入っているのと・・・

実は、ちょうど10月31日っていうのが、ダンナと私が初めて出会った記念日だったので、2人で行くことになったのです。(笑)

出会ったのは今から24年前のマレーシア。

なんだかあっという間です。

ところで、今回のブリュッセルへの旅は、とんでもない幕開けでした。

というのも・・・

私たちが、ユーロスターでブリュッセルに到着してから、ブリュッセル地下鉄/メトロに乗り換え、目的地の駅で降りて、ホテルに向かって歩いているとき・・・

ダンナが、スリにあったことに気がついたのです〜!!

先週手に入れたばかりのiPhone5が、コートのポケットから盗まれていましたー!

それもブリュッセルに到着してから、まだ30分も経たないうち!

心当たりはあるのです。

混んでいたメトロの中で、男の人がちょっとぶつかったのですが、そうやってダンナの注意を引いている間に、他のスリの仲間がポケットからiPhone5を抜き取ったのでしょう。

ちょうど、イギリス人の老男性とおしゃべりしていたところだったし。

で、iPhoneがなくなったのに気がついてからすぐ、大きな通りでおもむろにiPadを取り出し、iPhoneの追跡をしてみたら、メトロの途中駅周辺にあることが判明。

そしてすぐに、盗まれたことをウェブサイトでプロバイダーに報告しました。

そんなことをしていると、自転車に乗った親切な男の子(というか若い男性)が、「道に迷ったの〜?」と声をかけてくれました。

そして、事の経緯をかいつまんで話すと、「Gare de Bruxelles-Midi(ブリュッセル南駅)の辺りは危ないからねー、早く警察に届けたほうがいいよ」とその辺に警察がいないか見てくれたのですが、ちょうどそのときは通り過ぎず。

「101に電話して報告したほうがいいよ、上手くいくといいね」と言って去って行きました。

その通りをウロウロしてもしょうがないので、そのままホテルへ直行。

ホテルでチェックインをするとともに、警察に電話してもらおうと思ったのですが、自分で直接行ったほうがいいと言われ、ホテルの近くの警察署(というか派出所?)を教えてもらい、とりあえず、荷物をホテルの部屋に入れてから、派出所へ向かいました。

そしたら、派出所では「交通警察に行かないとダメだから、北駅にある警察署に行け」と言われそのまま北駅へ。

北駅の中でやっと見つけた交通警察は、午後5時過ぎということでもう閉まっていました。

というかね、あのホテルの近くの派出所の人は、絶対あの時間ならもう閉まっている頃だと知っていたはず。

あ〜、それなのに、それなのに。

わざわざ北駅に行ったのに、ただの時間のムダでした。

その交通警察のドアに貼ってあった電話番号を書き留めて、あとでまた電話してみることにしました。

でも、警察の派出所にもまた寄って、「北駅のはもう閉まってたけど、何もできないのですか?」と聞いてみたら、事情聴取に警察官が来てくれる、ということになったので待った私たち。

が、待てども待てども、誰も来ない〜!

約30分待ったでしょうか。

もう、待ちくたびれたし・・・





昨夜は記念日のお祝いとして、予約してあった日本食店に行く時間が迫ってきているので、もう一旦ホテルに帰ることにしました。

そして、今日、ダンナがベルギー人の同僚に頼んで、交通警察の電話番号に連絡してみると、「直接ブリュッセル南駅の交通警察に行くように。そこは24時間やってるから」だと!

こういうのって、たらい回しっていうのよね。(怒)

結局、警察に届ける時間がなくなって、下町ロンドンに帰ってきました。

それにしても・・・

私もまだスリにあったことってないけど、ダンナも今回が人生で初めての経験。

ダンナは、今まで仕事でブリュッセルに何百回も行っているのに、こんなことってあるのですね。

まさか自分たちが被害者になるなんて、今だにキツネにつままれたような感じです。

ところで、iPhone5は指紋認証もあったのにも関わらず、たった31分後にはスリの犯人は携帯電話にアクセス出来たようです。

というのも、iPhoneの追跡で見てみると、「アクセスしようとしたので携帯電話内の情報をすべて消去しました」と報告があったのです。

これはやっぱりプロの仕業ですね〜。

たった31分でアクセス出来てしまうなんて。

怒るやら、感心するやら・・・。(溜)

みなさんも、くれぐれもスリには気をつけてくださいね〜。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. うわー。
    犯罪組織(爆)
    パスワードなんて、すぐ解析しちゃうんだろうなー;
    コワイですね。
    せっかくの旅行が台無しじゃないですか!
    許せん!
    その後見つかったのでしょうか?
    盗難の時って、補償されるのかしら?りんご社?

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    見つかりませんよー!
    もう誰かに売られて、使われているんでしょうね。
    この前の週に手に入れたばかりのiPhone5新品。
    ほんとにダンナ油断してました。
    たぶん補償されたと思うけど、私はよく知りません。
    というのも、これって仕事のヤツなので。
    やっぱりこんなことがあると、気分が悪いですよね。
    ダンナは久し振りに携帯電話なしの生活で、とても不便そうでした。(笑)
    私の古〜い(写真も撮れないヤツ)携帯電話で、事務所に連絡したりして。

    ReplyDelete