Saturday, 23 March 2013

トラファルガー・スタジオで「マクベス」♪

今日は、朝から雪が降り出した下町ロンドン。

どうなることやら、と思ったけど、雪はほとんど積もらずにひと安心。

そして、長女とここへ行ってきました〜。



トラファルガー広場からすぐ近くの劇場、Trafalgar Studios(トラファルガー・スタジオ)です。
↓↓↓
美味しかった牡蠣フライ定食と「マクベス」♪

そうです、James McAvoy(ジェームズ・マカヴォイ)氏が出演中の「Macbeth(マクベス)」!!!



いや〜、よかった!

もちろん、「マクベス」もとってもよかったですが、この劇場もかなりよかったです。

というのも、けっこうこじんまりした親近感があるシアターなのです。



こうやって、安い私たちの席からも、舞台がよく見えるし・・・



役者さんたちは裏表がなくて大変だろうけど、360℃で演技するので躍動感がよく伝わってきます。

というか、この「マクベス」だけ、舞台にも観客席を設けたこういうセッティングなのかな?

この「マクベス」は、ディストピア(反ユートピア)な、戦争や環境汚染で悲惨な近未来のスコットランドが舞台。

なんとなく、映画「エイリアン」を彷彿させる不気味な雰囲気でした。(笑)

数年前に行ったGlobe Theatre(グローブ・シアター)でも、シェイクスピアの英語はよくわからなかったけど・・・
↓↓↓
シェイクスピアな夜

今回の「マクベス」でも、相変わらず台詞が難しかった〜。

近未来なんだから、台詞も現代の英語でいいのではないの?と思うのだけど、やっぱりそういうところは拘るのかな〜?

でも、シェイクスピアの英語がちょっとチンプンカンプンでも、始まりから終わりまで、テンションが上がったままの舞台でした。

実は私はちゃんと「マクベス」って読んだことなくて、あらすじだけ知っていたのですが、かなり血なまぐさいですね。

途中、殺されたり殺したりという場面もあったし、舞台が終わってから、最後のシーンはこの通り。



それにしてもジェームズ・マカヴォイ氏、以前からいい役者さんだとは思ってたけど、体を張って狂気のマクベスをとても上手く演じていました。

私も長女も大満足〜!!

ところで、役者さんのPhil Davis(フィル・デイヴィス)氏も、舞台の近くの方の観客席に座って「マクベス」を楽しんでいましたよ。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. 予想より小さな劇場でした!
    これなら、ほんとに舞台の様子がよくわかりますねー!
    マカヴォイ氏を近くから見れるなんて、羨ましい限り。
    演出も凝ってそうだし、見応えあったのでは?

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    でしょー!
    私も行ってみてビックリ。
    この劇場、気に入ったのでまたいいのがあったら行きたいです。
    この間、私の大好きな役者さんのお芝居もやっていたのですが、結局行かずに、ちょっと後悔。

    ReplyDelete