Tuesday, 19 June 2012

国際バカロレアってどうよ?

読売新聞(ネット版)で、こんな記事を読みました。
↓↓↓
国際バカロレアの日本語版導入、文科相が歓迎

外国語で実施される授業の一部を、日本語で行うことも検討いるらしいですが。

イギリスにも、International Baccalaureate(国際バカロレア)のプログラムを実施している学校があります。

でも、International Baccalaureate(国際バカロレア)によると、1971年に開始されて以来、全国で200校くらいだけ(公立と私立の両方を含め)。

それも、ここ数年にプログラムを始めた学校が大半。

実は、長女が9月から通学する予定の6th Form(シックス・フォーム)のカレッジにも、数年前に始まった国際バカロレアのプログラムがあります。

カレッジのほとんどの生徒はAS (Advanced Subsidiary) &A (Advanced) レベルのコースで、20〜30人だけが国際バカロレアのコース。

で、ダンナはそれをやって欲しかったらしい。

国際バカロレアのほうが国際的に通用する資格だから、将来、海外の大学に進学したり就職しやすいだろう、という理由です。

たしかにね〜、私も理想的には国際バカロレアのほうがいいとは思うのです。

イギリスの大学入学前からの専門的な勉強の仕方よりも、もっと視野が広まりそうなプログラムだし。

でも実際には、イギリス国内の大学進学にはまだまだAS (Advanced Subsidiary) &A (Advanced) レベルのテストが主流だと思います。

もちろん、海外から留学生としてイギリスの大学に進学っていうのなら、話は別でしょうが。

大学によっては、全国統一テストGCSE(General Certificate of Secondary Education)の結果、そしてそのあとのASレベルのテスト結果を調査して、ASレベルの成績がよりよくなっている、というのを重視したりするらしいし。

セカンダリー・スクールの成績は学校とか先生次第になりやすく、カレッジになると自身の思考能力を問われるってこと?

ってことは、国際バカロレアがちょっと不利になるのはこのせいなのかも?

国際バカロレアは2年間の最後にテストがあるので、大学に願書を出すときにASレベルの成績がない、のです。

だから、国際バカロレアのコースを絶対取りたい…というなら、その実績のある学校へ行ってよい成績を取る、というのが一番かもね〜。

ちなみに・・・

私がアメリカの大学に行ったときは、もちろんインターネットなんてなくって、紀伊国屋の洋書のコーナーでアメリカの大学案内とか買って情報収集したんですよね。(爆)

で、東京でTOEFLのテストを受けたのです。

もう20年以上も前(!)で、テストで何点とれたのかすら覚えてない〜。(笑)

でも、たしか大学に入学出来る点数はあったはず。

大学への入学願書も全部郵便で取り寄せて、また国際郵便で願書出してって。

今考えると、よくそんなエネルギーがあったな〜。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

Project Fumbaro Eastern Japan
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. ねこなすさん、若かったのですよ。
    アテクシなんか、若くてもそんなエネルギーなかった&能力もなかったけど(爆)
    海を渡るって、相当な度胸もいると思われ。
    平凡な人生を歩んできたアテクシからすると
    ねこなすさん、スーパーウーマンですわよ~。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    ほんとですよね、若かった、ってことですわね。(笑)
    あのエネルギーが甦って欲しい、今日この頃。(爆)
    あの頃は、学費&生活費を貯めるのに、金の猛者にもなってたし〜。
    今くらい円高だったら、左うちわの留学生生活でしたね。(笑)

    ReplyDelete