Wednesday, 24 May 2017

イギリス最古のベーカリー?

この間、ダンナと寄り道しながらPlymouth(プリマス)に行ったのですが・・・
↓↓↓
海賊ウィークエンド
美味しいイタリアン@プリマス

日曜日の朝は、ダンナはダイビング・クラブでリフレッシャー・コースへ。
↓↓↓
再び寄り道してプリマスへ

その前に、ちょっと軽く朝食を食べたい、ということで・・・

ハーバーにあるカフェ、Boston Tea Party(ボストン・ティー・パーティー)へ直行しました。(笑)
↓↓↓
プリマスのカフェ


なんだか、プリマスに行くたびに必ず寄っているような気が。


私はまだ朝早くてあんまり食欲がなかったので・・・


軽そうな、グリーク・ヨーグルトとスペルト・グラノーラ、ハチミツ、ラズベリー&ブルーベリー。

グラノーラがカリッとしてて美味しかったです。

軽そうだと思ったけど、やっぱり思ったよりもボリュームありました。

サッと朝食を済ませたあとは、ダンナはリフレッシャー・コースへ行ったので、私は長女のフラットへ行きました。

そのまま、ダンナが終わるのを待とうと思ってたら、長女も朝食を食べたいとのこと。

フラットで軽く何か食べればいいのに、お天気がいいし、外に出たそうだったので・・・

散歩がてら、2人で再びハーバーへ向かいました。

また、Boston Tea Party(ボストン・ティー・パーティー)に行くのもあれなので・・・

気になっていた、小さなベーカリーへ行ってみました。
↓↓↓
Jacka Bakery(ジャカ・ベーカリー)

なんとこのベーカリー、1600年代からここで営業しているそうで、プリマスはもちろん、イギリスで一番古いとも言われているとか。
↓↓↓
Plymouth's oldest bakery to double up as new cafe
(プリマス・ヘラルド紙)

もちろん、経営者は代々変わってますよ。(爆)

ピルグリム・ファーザーズが、プリマスからメイフラワー号で新天地アメリカに向かうときに、このベーカリーのビスケットを持ち込んでいた、との言い伝えもあるらしいです。

確かに、その頃営業していたなら、食料をそこで調達していた可能性大。

たくさん美味しそうなパンが売っている他、小さなスペースでカフェもオープンしています。

すでに、BTPでグリーク・ヨーグルトの朝食を食べていた私ですが・・・


この不思議な物体に、ついつい惹かれてしまいました。

シュークリームでもないし、普通のパンでもないの、これ。


ちょっとクリームティーをパンにしたような感じ。(笑)

軽いパン生地の中にクリームとジャムが入っていて、面白い食感でした。

長女はワイルドマッシュルーム・トーストにしようと思ったら、残念ながら売り切れ。

で、ベーコンとエッグにしたのですが・・・


美味しかったみたいです。

自宅用にサワードウのパンを買いたいと思ったのですが・・・

そのあとプリマスの町をウロつく予定だったので、持ち歩くのが面倒で諦めました。




英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

8 comments:

  1. 素敵なパン屋さんですねー。
    ねこなすさんの不思議なパンも
    長女ちゃんのトーストも
    どちらもおいしそうー。
    長女ちゃんのには、フレッシュハーブがのっているのでしょうか?
    この発想はなかったから、マネしてみようかなー。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    パン屋さんの写真を撮るのをすっかり忘れてました。(笑)
    小さいスペースなんだけど、パンがすごく美味しそうでした。
    長女のトーストの上にあるのは、たしかウォータークレス/クレソンだったような。
    また次回に、パンを買いに寄ってみようと思います。

    ReplyDelete
  3. こんにちは、ねこなすさん。

    BTP。過去記事でも勧められていたので、先日の滞在時に行ってきました!静かすぎず、騒がしすぎずで、雰囲気も良かったです。ここ、朝の7時からオープンしているのもポイントですね。早朝にホーからバービカンを散歩した後、ここで、のんびりと朝食をとりながらくつろぐことができました。お茶のカップも大きかったな~。ブレックファストにブラックプディングが付いていなかったのが残念と言えば残念だったかも?

    そして、このパン屋さん!この通りは頻繁に行き来してますが、ここはまったくのノーマークでした…。そんなに由緒のあるお店とは!おいしそうなパンですね。クリーム(クロテド)が大好きな私にはうってつけ!?「軽いパン生地」とのことですが、皮はパリパリサクサクしていそうにも見えます。いかがでしたか?次の機会があれば、食べに行ってみます~。

    クロテドの話で。クロテドはデボンやコーンウォールがオリジナル、という記事をどこかで見たことがあります。プリマス出身のローカルな方にそんな話をしたところ…、北の方でも、こっちがオリジナルだと言っているところがあるそうで、…うかつに口に出すと議論になるかも…な話題だそうです。さておき。日本でもおいしいクロテドが欲しいです~。

    しかし、ねこなすさん。朝からだいぶ歩きましたね~。(もしかして車?)プリマスは傾斜が多いですし、かるく丘越え往復してますよね!?でも、プリマス、街自体がコンパクトで、移動が苦にならない気持ちのいい雰囲気ですから!

    ReplyDelete
  4. PHさん、こんにちは〜。

    BTPは朝早くからやっているから、ホテルに滞在するときはついつい行ってしまいます。
    B&Bだと美味しい朝食が付いているけど、ホテルの朝食はマズくて高いので。(笑)
    広々としてて、気さくな雰囲気もいいですよね。
    私もあのパン屋さんにそんな歴史があるとはつゆ知らず。
    長女が美味しそうなパン屋さん&カフェだというので、入ってみて初めて知りました。
    私が食べたパンの他にも、美味しそうなパンがいろいろあったので、次回もまた何かトライしてみようと思います。
    そう、クロテド・クリームはデボンやコーンウォール発祥と言われています。
    クリームティーの食べ方もこだわりがあるようで、クリームが先派、ジャムが先派と分かれています。(笑)
    私は特にこだわらないものの、クリームが先かな。
    ホテルはホーの近くだったので、そこからバービカンまで、それから長女のフラットまではダンナが送ってくれて、フラットからバービカンまで散歩&2度目の朝食。
    そのあと街をブラブラしてショッピングなどしてました。
    カロリー消費にはちょうどいい散歩でした。(笑)

    ReplyDelete
  5. クリームティーのクロテド。ねこなすさんのように、私も最初は「クロテド先派」でした。…が、最近はジャムを先に~派ですかね。どこかで聞いたのですが、「クリームティーのメインはクロテド。スコーンは器、ジャムはクロテドが溶けすぎないための下地」という話もあるとか?私も、いつの間にかそういう気分になってきてしまって…。イギリスのカフェは、クロテド山盛り!で出してくれるところも多い感じがします。最初は、クロテド多すぎ~、と思ってましたが、だんだんちょうど良くなってきて。…そして、日本で出されるクリームティーのクリームが物足りなくなり…。ちなみに、お気に入りはダットン(バービカンの外れ)のクリームティーです。クロテド、カロリー高そうですけどね…。

    このパン屋さんのクリームはどんな感じなんでしょう?次に行って立ち寄るのが楽しみです!

    …さらにちなみに…ですが。ミルクティーもミルク先派とお茶先派があるようで。私はイギリスに行ってからミルク先派になったのですが、それを見た現地の方から「イギリス人みたいね」って言われました。たぶん、硬水の水質とお茶の質で、イギリスのお茶はミルクに合うからだろうな~、って思っています。そういえば、プリマス銘柄のお茶もあるんですよね。お茶は、家ではテトリ。あと、ウィッタードが好きで、ロンドンではコベントガーデンによく寄ってました。

    B&Bの朝食、いいですよね~。大学の近くに、ご夫婦で経営されるお勧めのB&Bがあったのですが、最近、経営者が変わったそうで。今はどうなんだろう?…。でも、以前に記事にされていましたが、B&Bは、到着時間に気を使いますよね~。ねこなすさんも、たしか、チェックイン時に誰もいなかったことがあったのでしたよね?

    プリマスは特にそうだと思いますが、イギリスの小~中の街にいると、よく歩くようになる気がします。クロテドで取り過ぎたカロリーは効率よく消化してたんだろうな~。

    ReplyDelete
  6. PHさん、こんにちは〜。

    クリームティーは、デボンではジャムが上、コーンウォールではクリームが上、っていう法則みたいです。(笑)
    デボンの主張は、クリームはバターみたいなものだから、ジャムの上にはバターは塗らないでしょ!みたいな。
    まぁどっちでもいいと思うけども。
    あのパン屋さんのクリームは、クロテド・クリームと言うよりも、ホイップクリームっぽい感じの軽めでした。
    そうそう、紅茶もミルク先、後とありますね。
    私はミルクは後派です。その方が、熱湯で紅茶を入れて煎じることができるから。
    それに、自分の好きな濃さに調節できるし。
    まぁでもこれも自分勝手でいいですけど。(笑)
    そういえば、こっちだと、硬水用紅茶と軟水用紅茶があって、売ってます。
    ロンドンは硬水なので、軟水用はそれほど見かけませんが。
    B&Bは、けっこうあちこち泊まってみました。
    「ホテル」とは名前についてても、B&Bのような感じのところもあって朝食もよかったけど。
    某チェーンのホテルの朝食はマズいので、そこに泊まる時は絶対にBTPです。(笑)
    チェックイン時にオーナーが不在だったところは、部屋や朝食はまぁ普通によかったけど、もう2度と泊まりませんね。
    うちの場合、犬を一緒に連れて行くかどうかもB&Bやホテルの選択のポイントです。
    それにしても、プリマスはB&Bやホテルの数が多いですよね。
    あれだけ数があると競争が大変だろうけど。

    ReplyDelete
  7. クリームティーのデボンとコーンウォールの違い。そうなんですね~。知りませんでした。検索すると確かにそういう話もいろいろ出てくるようで。
    硬水と軟水の話も。てっきりイギリス全域で硬水なのかと思っていたら、地域によって違うとは。硬水マップなるものもあるようで、驚きです。硬水用のお茶、意識してなかったからか、目に入りませんでした。
    いろいろ教えて頂いてありがとうござます。

    それではまた。

    ReplyDelete
  8. PHさん、こんにちは〜。

    イギリス内を旅行すると、軟水のところはすぐにわかります。
    シャワーを浴びたときや、シンクにライムスケールがまったくなかったりとか。
    軟水のところだと、髪を洗うとゴワゴワしないのがいいです。
    私は特に硬水用の紅茶を使っていませんが、もしかしたら、すでに硬水用でブレンドしているのかも?

    ReplyDelete