Thursday, 26 November 2015

パーソナル・ステイトメント

長男が、やっと大学志願書を送りました。

イギリスでは大学へ個々に願書を送ることはせず、すべてUCASを通して行われますが・・・

志願できる大学は、学部学科を指定して5校までしかありません。

進学する1年前の9月から翌年1月までが志願期間になっていますが、オックスブリッジや医学部の締め切りは10月中とか早いはずです。

まぁ、うちとは関係ないけど。(笑)

で、やる気がある学生だと、もうその頃からちゃんと申請を済ませる感じで・・・

長女のときはやっぱり10月末か、11月初めにはやってたと思います。

以前、こんな記事を読んだことがあって、早めに願書を送った方がいいよ、と長女にも長男にも言ってたのですが・・・
↓↓↓
University applications: is it too early to apply?(テレグラフ紙)

長男はちょっと出遅れ気味。

志願書の提出が早いと、やっぱり大学も学生のやる気が高いと好意的にみるし、早い者順で大学も願書を判断するので、早く出した方が大学からのオファーも早く来るというわけです。

まぁ確かに締め切りは1月なんだけどね。

で、長男が願書を送る前に、1度はpersonal statement(パーソナル・ステイトメント/自己推薦文)に目を通しておきたかったのですが・・・

なかなか見せてくれませんでした。

パーソナル・ステイトメントって大学の願書に付けるものの1つなのですが、なぜその学部学科を選ぶのか、将来の夢や目指すこと、勉強している科目、趣味、経験や課外活動などを書いて、大学に自己アピールするものです。

受験生がたくさんいる中で、成績以外の大学側の判断材料の1つになるわけですよね。

その他にも、在学校の先生に書いてもらうReference(レファレンス/推薦状)があります。

それで、もう願書を出すので内容の変更は不可能、と言いながらも・・・

昨日、やっとパーソナル・ステイトメントを見せてもらいました。

感想は・・・

自分の息子ながら、けっこう上手く書くもんだね!(笑)

急遽夏休みのあとに志望学部変更したけど、そんなこと微塵も感じさせないものでした。
↓↓↓
大学見学とタパス
コヴェントリーの大学見学

ダンナは・・・

「かなりgeeky(オタク系)って感じがするな」と。(爆)

まぁ所々、変えた方がいいんじゃないのというのもあるけども、それも個性、ご愛嬌。

あとはちゃんと受験勉強するだけだね。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment