Tuesday, 10 November 2015

スターバックスが使用するパーム油について

以前から法人税問題の件で、Starbucks(スターバックス)はなるべく避けるようにしてて、私個人ではほとんど行くことはありません。

他に選択肢がないときに利用することが、たぶん、1年に1回あるかないか、という感じ。

で、夏にこんな記事を読んでから、ますます避けるようになりました。
↓↓↓
Starbucks and palm oil, wake up and smell the coffee(ガーディアン紙)

2年前にスターバックスは、お店で販売するケーキ類などの食品に使われているパーム油を、100%サステイナブルなものにすると公約しておきながら、今年になってからも、パーム油に関して会社方針になんら変化が見られないのだとか。

スターバックスと言えば、コーヒー栽培農家とそのコミュニティーをサポートしていて、99%のコーヒーはエシカルな供給源だそうです。

だから、世界で最も倫理的な企業リストの中にも選ばれていますが・・・
↓↓↓
World's Most Ethical Companies®

それって、全体的に評価されているとは言えません。

スターバックスのようなグローバル規模の企業が、サステイナブルなパーム油の使用するという会社方針にしてくれないと、熱帯雨林の破壊を止めることは難しい〜。

今年の夏に、マレーシアで生物多様性に富む熱帯雨林破壊の規模に驚愕して、ますますパーム油の問題には敏感になりました。
↓↓↓
ジャングルからアブラヤシ畑へ

それに昨日は、2015年の世界の平均気温が、観測史上初めて産業革命以前の水準を1度上回る、とイギリスの気象庁が見通しを発表したばかりだし・・・

United Nations(国際連合)の世界気象機関も、二酸化炭素などの温室効果ガス濃度が過去最高になったと発表してました。

だから、このまま熱帯雨林を破壊し続けるのは、人類の将来に関わることだと思うのです。

もちろん、サステイナブルなパーム油だからって、それが熱帯雨林の破壊を止める保証があるわけではないけども・・・

国単位で、そしてグローバル企業が先導をとっていかないと、大きな変化は望めません。

だから消費者としても、ショッピングするときにサステイナブルなパーム油を選んだり、それを企業に要求したりが大切だと思うのです。
↓↓↓
パーム油とイースター・エッグの関係は?

ということで、SumOfUsがスターバックスへのキャンペーン実施中です。

こちらから署名にご協力をお願いします。
↓↓↓
Sign the petition to Starbucks






魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment