Friday, 17 October 2014

ブラインドの掃除

イギリスのテレビ番組で、「Obsessive Compulsive Cleaners(オブセッシヴ・コンパルシヴ・クリーナーズ)」っていうのがあるのですが・・・
↓↓↓
Obsessive Compulsive Cleaners(チャンネル4)

掃除ばかりに毎日時間をかけて過ごすObsessive–compulsive disorder(OCD/強迫性障害)の患者さん(またはその疑いのある人)が、物を溜めたりして何年も掃除をしていないような家の汚部屋に住んでいる人のところへ行って掃除するという番組です。

この企画を考えた人は、着眼点がとてもよかったなと思うのだけど、両極端な2者にとってかなり利益があるみたい。

もちろん、汚屋敷に住んでいる人は、またきれいな家に住めることになるし、掃除を始めてみると、だんだんと精神的にも整理が付いてくる様子がわかります。

汚部屋になる過程には、その人によって理由があるのですよね。

それにOCDの障害も、スゴい汚れたところへ行くということで、かなり症状が抑制されるというか、ある意味、いい治療になるようです。

ある人は、この番組を通して、OCDだったのは、母親が亡くなった悲しみを押し隠すためだった、と気がついて、毎日掃除をしなくても大丈夫になった例もあったし。

なぜか、この番組を観ると、私も掃除をしたくなるから不思議。(笑)

掃除機を使った掃除はいつもするけど、私は拭き掃除が好きじゃないのです。

それで、ず〜っと気になっていた長男の部屋のブラインドを掃除しました。

ブラインドなんて掃除が大変だから、私だったら購入しないのだけど、ダンナが以前気まぐれに買ってきたのです。

しばらく拭き掃除をしないうちに、ホコリが溜まって汚〜い!


いざ、ブラインドの羽を濡れたマイクロファイバー・クロスで拭き始めたら・・・

窓がけっこう大きいので、ほんとに時間がかかって面倒くさい〜!

それに色がシルバーなので、日が陰るとホコリがよく見えなくなってしまい、どこまで拭いたのかよくわからなくなってしまうのですよね。

でも、やっと終了。


スッキリときれいになりました。

ブラインドの掃除のコツは・・・

ホコリが溜まるまで待たないってことですかね?(笑)

これからはマメに、ササッと出来る拭き掃除することにします。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

英国政府観光庁オフィシャル・ショップ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. よくわからないのか~と思いながら読んでいったら
    ものすごくきれいになってるし!
    ピカピカじゃないですか(笑)
    ねこなすさん、よく頑張りましたね!
    アテクシも、拭き掃除大嫌いです。
    掃除機は嫌いじゃないけど(笑)
    というか、アテクシの好きな家事は
    洗濯>料理>掃除>アイロンがけ
    って感じ(笑)
    お父さん作業は、結構好きかも(笑)
    汚屋敷掃除のアイデア、なかなかですよね。
    お互いWIN-WINですわ。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    あまりの汚さで、ちゃんと違いがわかりますね。(爆)
    これ、スゴく面倒でやる気が出ないのですよー。
    というか、もっと頻繁にササッとやればいいとは思うけどね。(笑)
    また最近やってないけど。(爆)
    でも、今ちょうど長男の部屋のリフォーム中なので、まぁなんとか頑張ります〜。
    アイロンがけは私も嫌いなので、我が家ではダンナ担当になってます。(笑)

    ReplyDelete