Wednesday, 29 January 2014

北欧の刑事ドラマ「Bron/Broen(The Bridge/ブリッジ)」

以前、BBC4でやっていた「Forbrydelsen 3(The Killing/キリング)」を観ていたのですが・・・
↓↓↓
デンマークの刑事ドラマ「Forbrydelsen」

今ハマっているのは、やはりBBC4でやっている刑事ドラマ、「Bron/Broen(The Bridge/ブリッジ)」のシリーズ2です。



今回は、字幕が苦手なダンナも一緒にハマってます。(笑)

これは、デンマークとスウェーデンの合作で、タイトルもスウェーデン語のBronとデンマーク語のBroenになっているのですが・・・

その橋というのが、コペンハーゲン(デンマーク)とマルメ(スウェーデン)を結ぶオーレスン橋。

この橋を挟んだ両国で、犯罪が起きたり容疑者や被害者が出るので、やはり合同捜査を開始することになるわけですよね〜。

で、主人公がマルメ県警のSaga Norén(サーガ・ノレーン)というかっこいい女性なのですが、人間関係が難しいというか、人の感情を読めなかったり、気を使うことが出来なかったり、嘘をつけない人。

彼とも同棲を始めたばかりなのですが、その距離の取り方が上手く出来ないのですよねー。

男女関係の心理学の本を読んで勉強したりして、本にあるアドバイスのままに行動して周囲を驚かす感じ。(笑)

たぶん、彼女はアスペルガー症候群なのではないかと思います。

そのサーガとコンビを組むのが、コペンハーゲン警察のベテラン刑事、Martin Rohde(マーティン・ローデ)。

マーティンは、シリーズ1で息子の1人を殺害されて、妻のメッテとは別居中という設定(途中から関係が上手くいってまた同居を始めるけども)。

このドラマ、ストーリーや登場人物の設定もとても面白いのですが・・・

一番気になるのは、デンマーク人とスウェーデン人のコミュニケーションです。

もちろん、私がテレビで観ているのは、英語の字幕付きのもの。

英語を読んで内容を理解するわけですが、音声はデンマーク語かスウェーデン語。

どっちがどっちがよくわからないけども、デンマーク側の人とスウェーデン側の人がしゃべっているとき、普通に問題なく会話しているのですよね〜。

デンマーク語とスウェーデン語ってよく似ているのかな?

例えば、デンマーク人が(デンマーク語で)そのまましゃべっても、スウェーデン人には理解出来るってことなのかしらね?

それにその逆も。

そこのところを、デンマーク人かスウェーデン人に聞いてみたい気がします。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. 近い国同士だと言葉が似てるんですかねー?
    イタリア語、スペイン語、ポルトガル語あたりが似てるみたいな感じなんですかね?
    (って↑本当に似てるのか知りませんけど)
    そもそも、ヨーロッパってあんなに近い国同士で言葉が違うっていうのが、不思議でたまりません。
    日本は海で囲まれてても、一応漢字とか、中国から伝わったりしてるのに。
    まあ、それでも言語は全く違いますけどねー。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    この番組、すっごく面白い!
    で、この間、スウェーデン人の家族と話したときに聞いてみたら・・・
    「デンマーク人の言うことは全然わからない」って言ってました。(爆)
    あの番組は全部スウェーデン語なのかな?
    そう、ヨーロッパって面白いですよね。
    地続きなのに、言語だけでなく文化も違うし。

    ReplyDelete