Friday, 13 September 2013

日本三景の松島

盛岡、つなぎ温泉のあとに向かったところは・・・
↓↓↓
情緒ある町、盛岡
土石流被害の温泉街



日本三景の1つである、松島です〜。

松島でも、東日本大震災で津波の被害があったそうですが・・・

沖にある多くの島々のおかげで威力が拡散して、他の地域に比べて、津波の被害が小さくて済んだそう。

 
↑これは鐘島

でも、カキの養殖などは全滅してしまったそうです。

今は、少しずつ養殖設備も回復していました。

松島では、独眼竜で知られる戦国時代の武士・伊達政宗に縁のある、瑞巌寺にも行ってみました。

震災のときは、瑞巌寺に避難した方たちも大勢いたそうですね。

瑞巌寺の参道がりっぱなのですが、それよりも目が行ったのはこちら。



切り立った岩壁や、洞窟の中に並ぶ多数の墓標や観音像!



そして、法身窟。



ここで、諸国行脚中の北条時頼が、のちに臨済宗円福寺の開山となる法身禅師と出会ったという言い伝えがあるそうです。

法身禅師はこの中で修行していたのでしょうけど、不気味でした〜。

で、残念ながら、現在、瑞巌寺の本堂は、平成の大修理の期間中で非公開。



でもその代わりに、いつもは公開されていない、庫裡(庫裏/くり)や、大書院、陽徳院御霊屋が特別公開されていました。

庫裡というのは、当時のキッチン。



キッチンと言っても、唐草や花肘木の彫刻が散りばめられてとっても素敵でした。

室内は撮影禁止だったので・・・



趣きある中庭をちょっと撮影。

これは陽徳院御霊屋。



正宗の正室であった愛姫の墓堂です。

数年前に復元作業を終えて、当時のようなきらびやかな姿になっていました。

そして、松島と言えば、五大堂。



木の陰になって、あまり見えませんが・・・。↑(笑)

橋の足元、板と板の間がけっこう開いているので、ちょっと怖い感じも。



現在の建物は、 伊達政宗が1604年に創建したものだそう。



厳かな中にも、エレガントな美しさのある建物ですね。

この日も、うだるような暑さだったのですが・・・



海の景色は涼しげに見えますね〜(背景に見える赤い橋は福浦橋)。

暑いので、もちろん、こんなものも食べてみました。



これ、何味のソフトクリームだと思いますか?

抹茶風味みたいに見えますが、実は「ずんだ味」なのです。

ずんだって、枝豆をつぶして作る緑色のペーストだそうですが、けっこう美味でした。

枝豆って感じもしなかったし。(笑)




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. きれいな景色ですー!
    ほんと、写真で見ると暑さを感じないんだけど
    相当暑かったのでしょう?(笑)
    ずんだソフトには驚きだけど、たべてみたいー 。
    ほうじ茶かな?と思いましたよ、最初。色的に。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    やっぱり日本三景ですね、素敵でした。
    超暑かったけど。(笑)
    ずんだ味、ソフト以外にもこの辺りにいろいろありましたよ。

    ReplyDelete