Saturday, 16 February 2013

まだ続く…馬肉スキャンダル

先月から、イギリスで大きなニュースになっている馬肉混入問題。
↓↓↓
ビーフ・バーガーに馬肉や豚肉が混入
ビーフ・バーガーに馬肉や豚肉が混入…その後
今度は冷凍の馬肉ラザーニャ

イギリスで…というよりも、ヨーロッパ全体の問題になってますが。

イギリス国内では、冷凍ラザーニャのあと、今度はAsda(アズダ)のボロネーゼ・ソースに馬のDNAが発見されていたし・・・

食品品質では定評のあるWaitrose(ウェイトローズ)でも、冷凍のミートボールに豚肉が混入していたようです。

が、ヘルス・リスクはないってことでThe Food Standards Agency(食品基準庁)に報告しないでいたようです。
↓↓↓
Waitrose did not report possible meatball contamination for two weeks
ウェイトローズ、2週間ミートボールの混入可能性を報告せず(ガーディアン紙)

おいおい!豚肉だからって誤摩化すなっつーの。

昨日までに全食品会社が、食品基準庁に牛肉加工製品のDNA検査を提出するはずになっていたようですが、全部の結果が出たのかどうか?

とりあえず、昨日の午前中の段階で、2501のテスト結果が発表されました。
↓↓↓
FSA publishes industry test results on beef products
FSA、牛肉製食品のテスト結果を発表(食品基準庁)

その中で問題があったのは、馬のDNAが1%以上の29食品。

すべての食品は、もうすでにニュースで報道されているものばかりなので、新しい食品はないようですが、まだあと950のテスト結果待ちだそうです。

そして!

やっぱり私も予想した通り・・・

学校の給食や病院の食事にも馬のDNAが発見されました。
↓↓↓
Horsemeat scandal: traces found in school dinners and hospital meals
馬肉スキャンダル:学校給食や病院給食にも痕跡発見(ガーディアン紙)

学校の給食のほうは、Lancashire(ランカシャー州)の学校、47校のコテージ・パイに使用されていた肉。

病院のほうは、Northern Ireland(北アイルランド)にある病院給食のビーフ・バーガーに馬のDNAが発見されたそうです。

このビーフ・バーガーは、Compass(コンパス)という食品会社で製造されているそうですが、その会社はイギリス国内の7000箇所に仕入れをしているとかで、もちろんその中には学校や病院が含まれています。

それに、Premier Inn(プレミア・イン)、Beefeater Grill(ビーフイーター・グリル)やBrewers Fayre(ブルウァーズ・フェア)などのパブやホテルを経営する会社、Whitbread(ウィトブレッド)でもラザーニャやビーフ・バーガーの牛肉食品に馬のDNAが見つかっているそう。

この馬肉問題で警察も調査をしていて、すでにウェールズ、西ヨークシャーやロンドンなどで、逮捕者が出ています。

これだけ馬肉が広がっているっていうのは、やっぱり組織犯罪なのか?

それとも個別にいろいろなところで誤摩化している奴らがいるのか?

この問題の全容がわかる日は一体いつになるのでしょうね〜。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

4 comments:

  1. 初めまして。
    Twitterでちらほら「馬肉」話が出ていて何のことやらと不思議に思い検索したところ、こちらのブログに出会えました。

    英国で食肉偽装問題(?)が起こっていたとは知りませんでした。

    想像もしてことありませんでしたが、英国人には、やはり馬肉を食すことは出来ないでしょうね。
    国ごとに食文化いろいろですが・・・。

    勉強になりました!ありがとうございます!

    5月にロンドンに遊びに行きます。(ライブを見に・・・)
    予習のため、またこのブロク拝読させていただきます!!!
    では。

    寒さ厳しいとは思いますがご自愛ください。

    ReplyDelete
  2. Naokoさん、こんにちは〜。

    はじめまして!
    コメント、どうもありがとうございます。
    今わかっているだけでも、ヨーロッパの数カ国で馬肉問題が起こっているので、スゴい規模の詐欺問題です。
    イギリスでは馬肉は食べないので、それだけでも問題ですが、豚肉が混入している場合もあり、宗教で豚肉を食べない人たちにも波紋が広がってます。
    ロンドンでライヴ!
    とても楽しそう〜。
    ぜひまたブログに遊びに来てくださいね。

    ReplyDelete
  3. げー。
    どんどん広がってるし。
    給食にもって、罪深いですね。
    ほんと、宗教的な理由で口にできないはずの人だっていただろうに。
    つくづく許せないざます!

    ReplyDelete
  4. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    最近、報道は下火になってますが、たぶんまだ調査が行われていると思われます。
    超複雑なルートで、いろいろなところから肉が流通販売されているというのが、今回、はっきりとわかりました。
    今回、意外にマクドナルドは無傷なんですよ。
    ちゃんと農場からルートをしっかり作っているみたい。
    ま、どっちにしてもあそこではあんまり食べないけど。(笑)

    ReplyDelete