Saturday, 10 December 2011

早川教授の訓告処分を受けてのインタビュー

以前もブログに登場した、早川由紀夫の火山ブログの群馬大学 早川由紀夫教授。

放射能汚染の広がり
放射能汚染の広がり…の続き

その早川教授が、大学側から訓告処分を受けたそうですね。

なんでも、インターネットで不適切な発言をしているってことらしいですが。

朝日新聞では、このように報道されてます。
群馬大教授「福島の農家はオウム信者と同じ」 訓告処分

東京新聞ではこんなの。
「福島の農家はオウム信者と同じ」 群馬大 発言の教授を処分

火山の専門家として、政府が怠ったことをしっかりしたのに、なんで文句を言われないといけないのか疑問です。

それに、大学で、なぜ言論の自由を取り上げる行為をするのか?

国立大学だから、政府からあの教授をどうにかしろ、とでも言われたのかしらん?

もちろん過激なことも言ってますが、ツイッターの一言だけを取り上げて避難するのは間違っていると思いますね。

だって、ほんとに汚染されているんだから。

多くの福島の農家の方たちだって、田畑の調査をして欲しかったのに、自治体などがちゃんと検査もしないで、「大丈夫」だからいつも通り農業や酪農を続けろ、って言われて続けていただけですもん。

もちろん、自主的に今年は生産を控えた農家の方もいますけど。

でもほとんどの人は、上から言われた通りにしますよね、普通。

生活がかかっているわけなんだから。

東電はもちろん、政府なんかも全ての農家や酪農家に補償しきれないから、一応農作物などを作らせて「安全宣言」とかしちゃえば大丈夫と思ったのでしょうけどね。

お米はやっぱり全量検査でしょでわかったように、政府や自治体は放射能検査がザル状態だし。

粉ミルクにまで放射能汚染が広がっているんですよ!

特に、赤ちゃんや幼児の食を提供する会社は、もっと気をつけているかと思ったのに。

で、早川教授の訓告処分を受けてのインタビューがあったそうです。

私は生中継を見損なったのですが、ちゃんと再配信版がありました〜。

『なんで「放射線マップ」を作ったのですか?』、『雲仙普賢岳の苦い経験』、『農地は除染出来ると思うか?』、『群馬県は安全か?』など、いろいろ重要なことを話されています。

Video streaming by Ustream 魔法の言葉を今日も呟きましょう! 「福島原発が沈静化しました。 被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。 東北地方の海がまたきれいになりました。 港町にも活気が戻ってきました。 ありがとうございます、そして感謝します。」 Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal) 英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク JustGiving Central Community Chest of Japan 日本赤十字/義援金 国境なき医師団日本 JustGiving Japan CIVIC FORCE サンドウィッチマン『東北魂義援金』 日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金 被災地支援表明ウェブサイト「できること」 ADRA Japan(アドラ・ジャパン) JPF(ジャパン・プラットフォーム) 赤い羽根の共同募金 SAVEJAPAN! PROJECT 「ふんばろう東日本支援プロジェクト」 最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪ 日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。 今日もどちらか、または両方クリックをお願いします! 貴重な1票をお待ちしています〜♪ ↓         ↓ にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ 楽天トラベル 話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場 答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. やれやれ。
    ずっと正しいこと言ってる人が少し過激なことを言うと
    鬼の首とったみたいに処分って…。
    問題発言して問責くらった大臣が居座ってますけど
    (マルチに関与した大臣もね)そういうのはいいの?

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    ほんと、どうかしてますよね。
    大臣数人、即刻首になって当然だし、そういうことをマスゴミは取り上げないし。
    過激なことを言って、注意を引きたかったという教授の思いを痛感します。
    とにかく、農家などをしっかり補償すればいいことなんですよ。
    食料は、国内だけでなくても一時的に輸入すればいいのだし。

    ReplyDelete