Saturday, 19 November 2011

お米はやっぱり全量検査でしょ

福島県産米の出荷解禁を打ち出した安全宣言をしたと思ったら・・・

福島市大波地区のお米から、国の暫定基準値を超す630Bq/kgの放射性セシウムが検出されて、また食の安全性を疑う要因が増えました。

やっぱり、お米は主食なんだから、サンプル検査じゃ無理じゃないのかな〜、とは思っていたんですよね。

全量検査するしかないと思います。

牛肉はサンプルでいいから、お米はしっかり検査した方がいいのでは?

だって、毎日ご飯は食べても牛肉は食べないでしょ?

それに、なんたって、暫定基準値自体500Bq/kgが疑問だし。

ベラルーシでは、主食のパンは40Bq/kgですからね。

そして、父の田舎の奥会津でも、乾シイタケからセシウムが検出された模様。

せっかく秋なのに、美味しいキノコも食べることが出来ないなんて。

いつも父に送ってもらっている、畑で作られたオーガニックの黒豆も、今年からは止めるように伝えました。

悪いけど、やっぱり食べれないです。

放射線測定していないし、ちょっとでも子供たちに食べさせるのは避けたいし。

といっても、夏休みに行ったときには、畑で出来た枝豆をたくさん食べちゃったけどね。

というか、もしかして、福島県からEU内には輸出できないのではないのかな、とも思いますが。

そして除染・・・

これもかなり難しそうですね。

住宅だけやっても除染しきれないようです。

政府がしっかりと除染プログラムを作らないと、ちょこちょこ除染をしてもムダなことになりそう。


111118 除染しても下がらない放射線量 by PMG5





魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

British Red Cross (Japan Tsunami Appeal)
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
国境なき医師団日本/インターネット寄付オンラインサービス
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
サンドウィッチマン『東北魂義援金』
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
SAVEJAPAN! PROJECT
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. お米…東北は米どころですからね;
    ほんとショック。
    でも、もう子供には食べさせられないです。
    九州産のお米にしてますよ。
    ほんとに恐ろしいことになりました。
    うちの父の家庭菜園の野菜も、もう食べられません。
    父の唯一の楽しみだったのに。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    ほんとに、農家は美味しいお米を作りたいでしょうに。
    ヒドいことです。
    お米に放射能汚染がなくとも、田んぼはしっかり汚染されたままだから、農家の人は被爆し続けなくちゃいけないわけだし。
    とんでもないことです。
    tatsumakinecoさんのお父さんも残念ですね。
    畑の土を調べてみたら?
    地域によっては大丈夫かもしれませんよ。

    ReplyDelete