Tuesday, 15 November 2011

放射能汚染の広がり

今朝、BBCのニュースをネットで見ていたら、こんなニュースを見つけました。

Japan farm radioactive levels probed



え、こんなに西日本山間部や北海道東部にまで放射能汚染が広がってたの?

この研究は、アメリカ・メリーランド州の大学研究で、Teppei J. Yasunari氏の率いるチームによって行われたものです。

Cesium-137 deposition and contamination of Japanese soils due to the Fukushima nuclear accident

日本のニュースでは、そういう情報は出ていませんよね?

で、ちょっと探してみたら、読売オンラインに小さな記事を見つけました。

中国・四国でもセシウム沈着…名古屋大推計

あ〜、やっぱりそうなんだ・・・。

ま、でも、西日本山間部や北海道東部の汚染はヒドくないみたいですが。

でも、これでやっぱり放射能で汚染された瓦礫を、そう簡単には全国にはバラまけないことがはっきりしたと思いませんか?

すでに少しでも汚染されてしまった土地を、もっと汚すわけにはいきません。

だって、群馬大学 早川由紀夫教授の早川由紀夫の火山ブログで示されている、東日本の焼却灰のセシウムマップを見てください。

purple 紫(30,000-99,999Bq/kg)、red 赤(10,000-29,999Bq/kg)、orange 橙(1,000-9,999Bq/kg)、yellow 黄(100-999Bq/kg)、green 緑(30-99Bq/kg)、water 水(0-29Bq/kg)

これだけの放射能で汚染された焼却灰が溜まっているのです。

多くの焼却炉では、もう一時保管するスペースもなくなるほどです。

やっぱりこれは、放射性瓦礫については、東京大学アイソトープ総合センター長の児玉龍彦氏がいう「当該地処理をすべき」です。

放射能瓦礫に反対!"STOP Spreading Contaminated Rubble all over JAPAN!" letter project







魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

British Red Cross (Japan Tsunami Appeal)
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
国境なき医師団日本/インターネット寄付オンラインサービス
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
サンドウィッチマン『東北魂義援金』
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
SAVEJAPAN! PROJECT
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. 当該地処理至極当然だと思うんだけど
    どうして西に運んでくるのかなあ…。
    わからないのかなあ。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    そうですよね、普通に考えたらそれが当然ですよね。
    なにを考えているのやら?
    きれいなところはそのままにしておかないと、将来逃げるところがなくなってしまうのに〜。

    ReplyDelete