Friday, 11 November 2011

携帯電話の詐欺

昨日、携帯電話にメッセージ(SMS)が入りました。

書き出しが、「URGENT(緊急)!」だったので、長男の学校からかと思って、一瞬緊張。

が、その次を読み出して、すぐに変なメッセージとわかりました。

「Our records indicate that you may be entitled to £2750 for the accident you had. To apply just reply YES & your name to this msg. To opt out text STOP.」

「あなたがあった事故で£2750を受け取る権利があると思われます。申し込む場合は、このメッセージにYES、そしてあなたの氏名を返答してください。拒否する場合はSTOPと返答すること。」

この携帯電話の送り先の番号をネットで調べたら、他にもいたいた、このメッセージを送られた人たちが。

もちろん、みんな偽のメッセージということに気がついてますけどね。

たぶん、私が思うに、YESかSTOPのどちらにメッセージを送っても、きっと割高な金額を取られる仕組みになっているのでしょう。

それとも、携帯電話番号と名前を一緒に手に入れて、何かするつもり?

とにかくこういうのは無視するのに限ります。

それにしても、こんなのに引っかかる人がいるのかな?

ま、ちょうど、事故にあった人がこういうメッセージを受け取ったら、ついつい釣られてしまうということはあるかも?

詐欺と言えば・・・

以前、こんなことがあったけどね。

チャリティーを騙る詐欺
オンライン詐欺、危機一髪!

世の中には、あの手この手の詐欺を考える輩がいるものです。

みなさんも、ふとした隙を狙われないように、気をつけてくださいね〜。

あ、そういえば・・・

オンライン詐欺、危機一髪!のときに、Telephone Preference Serviceに登録して以来、めっきりセールスの電話は減りました。

そういう電話が多い人にはオススメですよ〜。







魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

British Red Cross (Japan Tsunami Appeal)
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
国境なき医師団日本/インターネット寄付オンラインサービス
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
サンドウィッチマン『東北魂義援金』
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
SAVEJAPAN! PROJECT
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. 次々に新手のが来ますわね。
    そう簡単に騙されるもんか!って思いますが
    弱ってたり、心当たりがあったりすると騙されるのかもしれませんわね。
    しかし、よく考えるもんだ!

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    ほんとに、いろいろな手法を考えますよね〜。
    そんな暇があったら、もっとまともな仕事ができそうな気がしますが。
    この携帯電話のはわかりませんが、郵便でくる詐欺のほうは、けっこう騙される人がいるそうです。
    だいたいはちょっとお人好しな老人とかですが。

    ReplyDelete