Friday, 2 May 2008

アンティークな陶器ボトル

我が家の庭に面するリビングルームにこんなものが置いてあります。

棚に置いてあったのに、ダンナが勝手に床に飾りだしました。

ちょっと邪魔な気もするけど、まぁいいか…と気のすむようにそのまま置きっ放し。

これ、なんだと思いますか?

よくパブなどに飾られていたりするのですけどね〜。

なんと、、、

イギリスの古い陶器ボトル。

それも、、、

ラム酒を入れていたものなんですよ。

左のボトルには「SRD」 というスタンプが焼かれて入っていますが、これは「Service Ration Depot (たぶん…軍配給貯蔵所?)」という意味ではないかというのが有力です。

第一次世界大戦の時にラム酒の配給制度が始まったそうなので、このボトルもその頃のもの。

ってことはもうすぐ100年くらい経つわけですね。

私たちの家と同じくらい年季が入っています(笑)。

アンティークと呼ぶにはちょっと新しいかもしれませんね、、、20世紀前半ですから。

ジョーク好きのイギリスでは、SRDは「Soon Runs Dry(底着く寸前)」とか「Seldom Reaches Destination(まれに目的地へ届く)」なんてものもありますけどね。

右の取手付きのボトルは何の印もないんで、配給品ではなかったかもしれません。

普通の家庭でお酒を買いに行く時に、「マイボトル」として持参していたのかも・・・

なんて想像豊かになる陶器ボトルです。



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ



答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

楽天トラベル 海外航空券予約

No comments:

Post a Comment