Monday, 28 April 2008

検疫って大事なのね〜。

週末にスリランカから輸入されて検疫中だった、産まれて8週間の子犬がRabies(狂犬病)死するということがありました。

それで犬舎で働いている3人が、その子犬に噛み付かれてしまったそうです。

それも下町ロンドン区すぐ近くの犬舎だったというからビックリ〜。

イギリスでは20世紀初期に狂犬病は撲滅されたのですが、1946年以来イングランドとウェールズでは20件の狂犬病が記録されています。

その20件、全てが輸入された動物。

でもなんとスコットランドでは、6年前にコウモリに噛まれた男性が狂犬病で死亡するということがあったそうです。

コウモリも狂犬病になるんですねぇ〜。

この問題のコウモリも輸入物だったのかしらん。

犬舎で子犬に噛み付かれた3人は、病院で手当を受けて大丈夫なようなので、不幸中の幸いですね。

ダンナが「うちのネコは大丈夫かな?」と冗談半分、本気半分な心配をしていましたが、検疫中だったというから犬舎外はまず安全のようです。

そんな家族の心配もよそに、のんびり昼寝をしていたうちのネコ。

手を開け閉めしながらノビしているし、、、。

それにしても…検疫ってなんて面倒なことなのかしら、と思っていたけど以外と大事だったのね、、、。



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ



答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

楽天トラベル 海外航空券予約

2 comments:

  1. ねこなすさん、こんにちは。
    日曜日にテレビで、マサイで家畜にワクチンを打つ仕事をされている女性獣医のドキュメンタリーを見たところでした。

    情報が少ないだけに、ペットを簡単に殺してしまったり、噛まれても処置せずにいたりする人が沢山いるらしくて、ペットや野生動物と安全に生活する方法なども指導していました。噛まれた人間にも危険な病気なんですね。私も初めて知りました。

    話は変わりますが、高圧洗浄機スゴイですね。我が家のタイルやコンクリートもブラシでゴシゴシ・・・あまり綺麗になりません(汗)通販などで見たことありますが、こんなに綺麗に落ちるんですね~。
    バーベキュー残念でしたね。

    ReplyDelete
  2. ひのっこママさん、こんにちは〜。

    ちょうどタイムリーな話題でしたね。
    狂犬病って私達の生活の中ではもう「過去の病」という感じですが、まだまだ世界のあちらこちらにはあるようです。読んだ記事によると、(その噛まれ方などにもよるけれど)噛まれてすぐに傷口を洗い流したりすると、かなりその確率は下がるそうですけどね。でもやっぱりワクチンとかで治療が必要です。

    高圧洗浄機けっこう便利なんですよ。ダンナはオートバイやキャンプカー(もうないけど)を洗ったり、壁を洗ったりすることも出来ます。水力で汚れがかなり落ちます。

    ReplyDelete