Monday, 28 November 2016

プリマスに行く前に寄ったのは…?

数週間前に、突然ダンナが思い付いて・・・

週末はダンナと一緒に、長女に会いにPlymouth(プリマス)まで行ってきました〜。

長男とビリーはお留守番です。

で、いつもはヴァンで5時間以上かけてプリマスに直行するのですが・・・

今回は、少し余裕を持って金曜日から出かけることに。

途中、Wiltshire(ウィルトシャー)州にある村に1泊して、、少しゆっくりと行ってみることにしました。

寄ってみたのは、Lacock(レイコック)という村。
↓↓↓
Lacock Abbey, Fox Talbot Museum and Village


ほぼ村全体が、National Trust(ナショナル・トラスト)所有で運営されているので、村がそのままタイムスリップしたような感じです。

が、もちろん住民がいるので、乗用車が駐車していたりします。


村全体がよく保存されているというのは珍しいので・・・

たまに村や修道院で、時代物のテレビ・ドラマや映画の撮影が行われているそうです。


例えば、Pride and Prejudice(高慢と偏見)、Cranford(クランフォード)、Downton Abbey(ダウントン・アビー)やHarry Potter(ハリー・ポッター)シリーズなど。


もちろん、撮影中は車の出入りは禁止とかになるわけですが・・・


以前「ダウントン・アビー」の撮影中に、観光客が背景に入り込んで撮影中止になってしまった、というニュースを読んだことがあります。(笑)

ここはSign of the Angel(サイン・オヴ・ジ・エンジェル)。
↓↓↓
Sign of the Angel(サイン・オヴ・ジ・エンジェル)


15世紀のcoaching inn(コーチング・イン)で、昔は馬車もそのまま一緒に宿泊できる宿でした。

現在はレストラン兼B&B。

「ハリー・ポッター」のファンだったら、ここに見覚えがあるかも?

「Harry Potter and the Half-Blood Prince(ハリー・ポッターと謎のプリンス)」の中で、Babberton Arms(バッバトン・アームズ)のダブルとして登場してるとか。

小さな村なので、1時間もあればサッと見て回れますが・・・

ゆっくりとパブでビールを飲んだり、お店を見てみたり、修道院内を見学したり、と数時間あるとちょうどいい感じです〜♪




英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村  人気blogランキングへ


英国政府観光庁オフィシャル・ショップ スペシャル・オファー

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

No comments:

Post a Comment