Wednesday, 29 October 2014

シアターで大笑い・・・インフィデルのミュージカル♪

昨夜は、下町ロンドンのシアターに行ってきました。

仕事帰りのダンナと、ウェストフィールド・ストラットフォードで待ち合わせして軽い夕食を済ませてから、早速シアターへ。
↓↓↓
ベトナム料理のファストフード

今回は、とっても面白いと聞いていたミュージカルだったので、ハーフターム休暇中の長男も一緒です。

我が家では、ちょっと前まで毎年のように行っていた、Theatre Royal Stratford East(シアター・ロイヤル・ストラットフォード・イースト)
↓↓↓
ダンナの誕生日♪

ロンドン・オリンピックのスタジアムやオリンピック村がある、ストラットフォードにあるのですが、このシアターの歴史は以外と長くて1884年12月初公演。

戦中、戦後などはその存在が薄くなってしまったものの、1946年には再開。

そして1992年に、ヴィクトリア朝時代の観衆席の修復作業を終えて、素敵なシアターとして再オープンしました。


まだ長男が赤ちゃんだった頃から、子供たちを連れて毎年のように行っていたので、我が家では馴染み深いシアターです。

さて、昨夜、観劇したのは・・・


The Infidel(インフィデル/不信心者)、ミュージカル。
The Infidel – the Musical

原作は、コメディアンで作家のDavid Baddiel(デイヴィッド・バディル)氏のミュージカルです。

さすがバディル氏って感じの、宗教をコメディにしてしまう凄腕。

これは映画化もされているようですが、まだ観ていません。



あらすじは・・・

イギリス生まれでリラックスしたムスリムであるマムッドが、ある日、亡くなった母親の持ち物を整理していて、出生届で自分が養子であることを発見。

そして自分の本名を知って、実親がムスリムではなくユダヤ人であったことがわかり、大きなショックを受けます。

実の父親を見つけるのですが、老人ホームで病の床。

ラビ/聖職者は、真のユダヤ教徒でないと会わせられないと言うので、ユダヤ教についていろいろ学習し始めるのですが・・・

一方で、自分の息子は、義理の父親がイスラム原理主義という子がガールフレンドで、信仰深いムスリムでなければ結婚の許可は出ないと。

そんな状況で、自分のルーツを探るため旅というか、自分がムスリムなのかユダヤ教徒なのかとアイデンティティーに悩んだりするのを、面白可笑しく表現しているミュージカル。

いやー、これ、かなり面白いです!

あらすじを見ただけだと、とってもシリアスな感じですが、下ネタ(circumcision/割礼)とかイスラム原理主義とかをストーリーに入れて、イスラムもユダヤ教も実は似ているというのがよくわかります。(笑)

イギリスだからこそ、っていう感じのコメディーですね、これ。

シアターで大笑いしたのはほんとに久し振り・・・

というか、こんなに笑えるミュージカルって初めてです。(爆)

シアターにはあまり行きたがらないうちの長男も、何度も爆笑して楽しんでいました。

俳優さんも実力派が揃ってて、よくテレビで観る顔や、タレント・ショーに出ていた人たちも。

ところで映画もそうですが、このミュージカルも、音楽はErran Baron Cohen(エラン・バロン・コーヘン)氏が担当しています。

バロン・コーヘン氏って、あのAli G(アリG)やBorat(ボラット)のキャラクターで有名な、俳優のSacha Baron Cohen(サーシャ・バロン・コーヘン)氏のお兄さん。

兄弟揃って才能発揮していてスゴいな〜。

上演は11月15日までであまり時間が残っていませんが、とってもオススメです!!






魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

英国政府観光庁オフィシャル・ショップ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. 宗教ネタでそれだけ笑えるってすごいですね。
    よほど面白い脚本なんだろうなあ。
    演じる役者も面白いのでしょうね。
    日本じゃ、宗教の話はタブーですから、びっくりです。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    これ最高に面白かったです!
    えげれすの背景がわかると、かなり楽しめるミュージカルです。
    このあと映画も観ましたが、やっぱり面白かった〜。
    オススメですが、日本ではウケないのかな?

    ReplyDelete