Monday, 3 March 2014

英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー

昨日、私のブログにもリンクしている、英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアーに参加してきました〜。

ブルーバッジ観光ガイドのみきさんの「ターナーの時代」ガイドツアーで、イギリスを代表する風景画家、J.M.W. Turner(ターナー)が生きた時代(18世紀後半〜19世紀中頃)と今を比べながら歩くツアー。

下町ロンドンから西の果てまで行くということで早起きしたのに、ウォータールー駅からの電車に乗り遅れて遅刻!(爆)

乗り遅れたと言っても、電車の案内が出て16番線の電車と出たのに、途中で勝手に15番線に変更されたていたのです。

だから、私は16番線に停止している電車の中でず〜っと待っていて、ふと気がついたら乗るはずの電車が発車する直前で乗り過ごした、ってことなのです。

変更のアナウンスもなかったし、有り得ないー!

って、イギリスでは有り得るのよね〜。(爆)

みなさんも、くれぐれもお気をつけ下さい。

さて・・・

待ち合わせはリッチモンド駅の1つ先、St Margarets(セント・マーガレット)駅。


この駅から徒歩8分くらいのところに、ターナーが自分で設計して建てた家がありました。


1812年築だそうですが、両サイドの2階部分はその後増築されたそうなので、けっこうこじんまりした感じだったのですね〜。

それにこの周辺って、18世紀末のフランス革命から逃れてきた貴族たちがたくさん住んでいたエリアでもあるそうで、それにちなんでフランス語の通りの名前が見られるそうです。

この通りはMontpelier Row(モンペリエ・ロウ)。


きっとここにも、フランス貴族が住んでいたのでしょうね。

たまにイギリスの家の壁についている壁掛けのようなものを見かけますが・・・


これって、昔の家の保険の印だそうです。

これで保険がかかっているかどうかがわかったそうで、その保険会社によって形が違ったりするのです。

で、この通りの一番端っこの家は・・・


なんと、イギリスの詩人The Lord Tennyson(アルフレッド・テニスン)も住んでいたことがあるそうです。

このあと、Orleans House Gardens(オールレン・ハウス・ガーデンズ)を抜けて・・・


テムズ河へ出ました。


この標識は、車が川に落ちないようにとの注意。(笑)

そして、この辺では昔よくウナギが捕れたことから、Eel Pie Island(イール・パイ・アイランド)と名付けられた中州があります。


ここには人が住んでいるのですよね〜。

洪水は大丈夫なのかしらん?

さて、テムズ河に沿って歩いていると・・・


テムズ河の唯一の渡り舟!
↓↓↓
Hammertons Ferry


対岸にはHam House(ハム・ハウス)も見えますね。


向こう岸にいるおじさんが帰ってくるのを待って、いざ対岸へ。


この渡り舟に乗って対岸に渡ってから、レストランやカフェがある園芸店にちょっと寄りながら、リッチモンドの丘へ。

「Richmond Hill, on the Prince Regent's Birthday(プリンス・リージェントのお誕生日のリッチモンド・ヒル)」というターナーの絵と同じようなアングルで撮ってみた写真。


ターナーが見た景色と、大して変わっていないそうです。

なんだか時間がゆったりと過ぎた瞬間でした。

ところで、このチャリティー・ツアーの寄附金はここへ送付されるそう。
↓↓↓
福島県の東日本大震災ふくしまこども寄附金

少しでも役に立つといいな〜。

これからも今月、来月と、V&Aや大英博物館ハイライト ガイドツアーなどのチャリティー・ツアーがあるそうなので、お友達を誘ってぜひ参加してみてください!
↓↓↓
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ツアー
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

英国政府観光庁オフィシャル・ショップ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

4 comments:

  1. ねこなすさん、日曜日はどうもありがとう! 渡し舟のサイト、私探しきれなかったから、ここのリンクで見てびっくり。
    歴史もちょっと載っていて参考になりました。

    ReplyDelete
  2. mikiさん、こんにちは〜。

    リッチモンド周辺は初めてだったし、ツアーはとても楽しかったです♪
    雨にも降られず、ほんとラッキーでした。
    渡し舟のサイト、お役に立てたようでよかったです。

    ReplyDelete
  3. えげれすの電車、ひどいですなー;
    ニポンでは有り得ませんわよ。
    でも、ターナーの時代に迷い込んだみたいな景色が見れて良かったですねー。
    去年、上野にターナー展が来た時、にゃんぼと見に行ってきたのを思い出しましたー。
    それも、とてもよかったです。

    ReplyDelete
  4. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    もうえげれすではなんでもありです。(笑)
    私もこれからは、3回くらい確認するつもり。
    で、リッチモンド。
    ロンドンに住んで20年くらい経つっていうのに、初めて行きました。(爆)
    いつも下町ウロウロしているだけなので。(笑)

    ReplyDelete