Friday, 8 February 2013

今度は冷凍の馬肉ラザーニャ

先月から、イギリスで大きなニュースになっている馬肉混入問題。
↓↓↓
ビーフ・バーガーに馬肉や豚肉が混入
ビーフ・バーガーに馬肉や豚肉が混入…その後

なんと、今度は冷凍食品会社のFindus(フィンダス)の冷凍ラザーニャの肉が、60〜100%馬肉だったことが判明したらしいのです。
↓↓↓
Tests reveal Findus frozen beef lasagnes contain 'up to 100 per cent horsemeat'
フィンダスの冷凍ビーフ・ラザーニャが最大100%の馬肉だったことがテストで判明(インディペンデント紙)
FSA orders tests of processed beef after horsemeat is found in Findus lasagne
フィンダスのラザーニャから馬肉が発見され、FSA(食品基準庁)がすべての加工ビーフ食品のテストを命じる(ガーディアン紙)

ちょっと牛肉に混ぜちゃった…なんてもんじゃなくて、ほとんど馬肉のみってこと!

これは間違いだったで済まされる問題ではなく、犯罪になりそうですね。

で、The Food Standards Agency(食品基準庁)が、全食品会社に来週金曜日までに冷凍牛肉加工製品のDNA検査をするように指示をしたそう。

だから、それまでにまた新しい冷凍食品の馬肉混入がわかる可能性がありますね。

また現在、フィンダスの食品は、食品流通に禁止されている動物用医薬品のphenylbutazone(フェニルブタゾン)、いわゆるbute(ブート)と呼ばれる薬品の有無を検査しているそう。

で、今回のフィンダスの冷凍食品は、フランスの会社Comigel(コミジェル)で製造されていたものです。

そして、Tesco(テスコ)やAldi(アルディ)なども冷凍食品を仕入れていたようで、すでに食品回収をしているようです。

馬肉を食べるのはいいけど、正規の食品流通のルートに入っていないものが食品に入っている、っていうのが気持ち悪いですよね〜。

冷凍食品だけでなくて、スーパーマーケットに売っている出来合いの加工食品にも馬肉入りがありそうな気がするけど。

あぁいうのは検査しないのだろうか?

それに学校の給食とか病院の食事とかは大丈夫なのかしらん?




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」



英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. これは許せないレベル!
    ほんとに犯罪ですよ。
    消費者は、訴えていいと思う。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    このあと、もっと出てきましたのよ、馬肉が。
    もう、複雑怪奇なルートがあるようで、お店の商品がどうやってそこまで届くのか、もっと知りたいです。
    直営店とかのほうが、はっきりして安心出来ますね。

    ReplyDelete