Thursday, 25 October 2012

日本庭園が素敵なタットン・パーク

ゴルフ好きにオススメのホテル、チェシャー州のKnutsford(ナッツフォード)にあるThe Mere Golf Resort & Spa(ミア・ゴルフ・リゾート&スパ)の近くには・・・

ナショナル・トラスト所有の、Tatton Park(タットン・パーク)があります。


タットン・パークは、チェシャー州でも人気の観光地で、50エーカー(ロンドンのセント・ジェームズ・パークくらいの大きさ)の庭園、お屋敷、そしてその周辺には鹿が住む1000エーカーの敷地も。

庭園には、壁に囲まれたキッチン・ガーデン、ローズ・ガーデン、イタリア庭園や日本庭園もあります。


このキッチン・ガーデンの壁に育っているのは、チェリー/さくらんぼの木です。

当時、この壁は暖房設備が整っていたそうで、壁の上にある壷のようなものは実は煙突!

壁の下のほうに穴が開いていて、そこで火を焚いて壁を温めていたそうです。

なんかビックリ!

もう今はその穴は埋められてしまい、暖房出来なくなってますけどね。

この日は、朝冷え込んだので、日が昇ってこんな現象も目撃・・・


屋根から煙!と思ったら、蒸気でした。(笑)

そして、日本庭園に向かう途中、ここでも南アメリカ原産のGunnera manicata(グンネラ・マニカタ)が〜。
↓↓↓
お天気の日に…再びガーデン見学♪


人と比べるとわかるけど、こんなに大きくなるんですよね〜。

そして、日本庭園。


なんちゃって日本式、ではなくて、ちゃんと日本の庭師さんが造ったらしいですよ。

道理で、ほんとによく出来てると思った。

ちょうど紅葉も始まってたし、ほんとに素敵でした〜。


なんか、ちょっと日本に行った気分です。


もちろんお屋敷の中も、とっても素敵。


ここは玄関ホール。

ここにあった、北イタリア製のキャビネットが豪華なのです。


この白い部分は螺鈿細工。


カタツムリが可愛いでしょう〜。(笑)

そして、この小鳥の緑の部分はなんだと思いますか?


象牙を緑に染色してあるそうです。

小鳥の上に、芋虫がいるのがわかりますか?(笑)

なんか遊び心がいっぱいでいい感じ。

ここは、ミュージック・ルーム。


ここにも、遊び心がある家具がありました。


トローリーですが、この一番上にあるはめ込み細工が・・・


部屋に合わせて、楽器と楽譜になってます。

このお屋敷で使われている家具の多くは、Gillows of Lancaster(ギローズ・オブ・ランカスター)の特注。

重圧感のある家具ですよねー。

ライブラリー(図書館)には、約8000冊のコレクションがあるそう!


ライブラリーは庭園に面していて、採光もとってもいいし、ここからの眺めは最高です。

ここでゆっくり読書をしながら、ポカポカで気持ちよくなって知らぬ間にお昼寝、なんてこともありそうな予感。(笑)

そして、ライブラリーには、隠しドアも・・・


こういうドアがうちにもあったら楽しいだろうな〜。

あと、ベッドルームにこんな家具もありました。


これ、なんだと思いますか?

あの丸い蓋を開けると・・・トイレになるのです!(笑)

そして・・・

私がこういうお屋敷の見学で一番好きなのが、生活感のあるキッチン!


やっぱりお屋敷のキッチンだけあって、オーブンだけでなくて鍋なども大き〜い!


それに、鍋が大きいので空でも重い!

料理の下準備も大変だっただろうなー。

キッチンも、大きなキッチンと、ペイストリーやケーキを焼いたりした小さなキッチンと分かれています。


私は、小さいキッチンのほうが使いやすそうで好きかも。


というか、冬の時期とかには、小さいのですぐに暖かくなりそうだしね。(笑)

ベッドルームが24もあったそうなので、すべての部屋が埋まったときなんて、大忙しだったのでしょうね。


こうやって、どの部屋に誰が泊まっているか、っていうのがわかるようになっているのです。

ハウスキーパーの部屋には、作業台にミシンも。


この部屋で気に入ったのは、この照明です。


当時にしてはなかなかモダンで、照明の高さが調節できるのですよ〜。

そしたら、ちょうどこんな方が・・・


ハウスキーパーのコスチュームを着たガイドさん。

こういうガイドさんに案内してもらったら、臨場感あるでしょうね。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」


Project Fumbaro Eastern Japan
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

4 comments:

  1. 素敵な写真、ヨーロッパを旅している気分になりました。
    ありがとうございます。

    ReplyDelete
  2. 和さん、こんにちは〜。

    コメントありがとうございます〜。
    また遊びに来てくださいね。

    ReplyDelete
  3. 楽しい~♪
    ライブラリーの隠し扉に激しく反応したアテクシ。
    ほんと、こんなカラクリ屋敷だったら、楽しそう。
    スパイ映画みたいで(笑)

    ReplyDelete
  4. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    私もあのライブラリーのドアが好き!
    でも、あれはどうもデザインで、左右対称にするために、そこにドアがあるのがマズいからってことで、あぁいうふうになったそう。
    だから、特にカラクリってわけじゃないんですよね。
    私もカラクリ好きなんだけど。(笑)

    ReplyDelete