Tuesday, 28 August 2012

デザイン博物館でもパラリンピック

昨日、バンク・ホリデイでダンナもお休みだったので、みんなでロンドン中心部に行ってきました。

まず向かったところは・・・


Butler's Wharf(バトラーズ・ウォーフ)を通り過ぎて、Design Museum(デザイン博物館)へ。


残念なことに、展示物の入れ替えのために、ほとんど閉館状態。

でも、せっかく来たので、「Design To Win(勝つためのデザイン)」の展示を観ることにしました(11月18日まで)。

これはオリンピックだけでなく、F1なども含めたデザイン・テクノロジー。


チームGBのオリンピック・ユニフォームとか・・・


チームGBのオリンピック・シューズも(アディダス)。


様々な競技の靴だけでなく、表彰台に上がる時の靴まで!

そして、明日、開会式を迎えるパラリンピック関係のものも展示されています。


ほんとに、改めて見てみると、「車椅子」というより「マシーン」という感じの迫力ですね。


ラグビー用の車椅子もあったのですが・・・


ぶつかった勢いでボコボコ。

白熱した試合が目に浮かぶようです。

そして、こんなものも。


一番左は、元大相撲力士の曙太郎。

その隣は、競馬騎手のFrankie Dettori(フランキー・デトリ)。

私よりほんとちょっとだけ背が高いくらい。(笑)

で、その隣の巨人は、中国のバスケットボール選手、Sun Mingming(孫明明)。

でかい!!

そして、その隣はF1のLewis Hamilton(ルイス・ハミルトン)。

ダンナより小さかった〜。

というか、F1ドライバーとかレーサーって、小さい人が多いですよね。

そして・・・

タワー・ブリッジもパラリンピックの準備万端!


このあと、テムズ河沿いにサウスバンクまで歩いて、橋を渡ってチャイナ・タウンへ。

サウスバンクって、いつもなんかやってますね。

昨日も、イベントが目白押し状態でした。

でも、お腹が空いてて、立ち止まることなくチャイナ・タウンへ直行!

久し振りに飲茶を楽しんできました〜。




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

Project Fumbaro Eastern Japan
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています~♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. あ、タワーブリッジ!
    ボンドと女王陛下がヘリでくぐってたのは、今は昔。
    一番上の写真は、まるでマラソンの選手が走ってそうな石畳ですー。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    タワー・ブリッジも模様替え。
    あ、マラソンの時の石畳はテムズ河の向こう岸でしたけどね。(笑)
    あれは走りにくそうでしたよね〜。
    ロンドンマラソンのコースでよかったのに。

    ReplyDelete