Monday, 2 July 2012

今だに離婚協議中

最近、トム・クルーズとケイティ・ホームズが離婚に向け協議中である、というニュースがありました。

あの2人は、なんか、やっぱりな…という感じ。

それよりも、その前の、ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの破局のほうがビックリしたけど。

というか・・・

ここ数年、私の周りでも数々の離婚をみているので、「ずっと連れ添うというのは、よっぽど大変なのかな〜?」と思った次第。

イギリスでは離婚率は約50%っていうしね。

以前、ダンナの友人夫婦が別居した、ということを記事にしたのですが・・・
↓↓↓
別居の知らせ

なんと、今も離婚協議中。

別居を始めたのは約2年前です。

それ以来、離婚に向けて話し合っていたはず。

が、なかなか決着がつかないので、つい最近、裁判所で協議する、ということになったらしいのです。

そうなると、弁護士費用とか大変だし・・・

男の子2人の子供たち(うちと同じ年頃)も、もっと傷つくのでは?と余計な心配をしてしまいます。

夫(ダンナの友人)のほうは、別居し始めてから半年くらい経った頃には、新しい彼女も出来たので、早くスッキリ離婚してこれからの人生を生きたいのだろうとは思うけど。

私とダンナは、「なんでサッサとファミリー・ホームを売って、財産を平等に分けて別れないのかね?」と話していますが、たぶんそんなに簡単に割り切れるものではないのでしょうね。

夫婦のことって、他人にはわからないし・・・

子供たちのことだけじゃなくて、いろいろなしがらみがあるのかもしれないし。

その他にも、離婚協議中のカップルがいますが、そちらは2人とも2度目の結婚。

子供たちは夫のほうの連れ子で、みんな成人しているし、スパッと離婚しやすそうなのに、やっぱりそちらも2年くらいそのまま。

ん〜、結婚生活を続けるのも難しいのかもしれないけど、離婚するのもけっこう難しいのね。

で、この間、私とダンナの結婚式のアルバムをめくっていたら、その中にもたくさん離婚/別離していたカップルが写っていました。

ダンナの妹たちも含めて・・・。

私とダンナは、おばあちゃんとおじいちゃんになっても、手をつないで仲良くしていたいな〜。

その確率は、やっぱり50%かしらん?(笑)




魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

Project Fumbaro Eastern Japan
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
復興市場



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

↓              ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村  人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. ねこなすさんちは大丈夫ですよ。
    でも、ほんと、いろいろありますわね。
    私のまわりにも離婚した人いっぱい。
    ニポンでもこれですからね。
    えげれすはもっとすごいんだろうな。
    トム・クルーズは、こうなるだろうと思ったけど(笑)

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    そちらも大丈夫そうですね。(笑)
    お寿司でデートだし。(謎)
    日本でもたくさんいるなんて、ビックリです。
    といっても、家庭内離婚は昔からよくあったから、それが表面化しただけなのか。
    トム・クルーズは、絶対こうなるとわかってましたよね。(笑)

    ReplyDelete