Friday, 13 January 2012

セシウム降下量増加の原因は?

年末、そして1月に入ってから、福島県のセシウム降下量が増加したそうです。

測定は福島市で実施されています。

たしかに、福島県の定時降下物環境放射能測定結果(暫定値)を見ると、年末から少しずつセシウム降下物が測定され、1月2〜3日にかけて、セシウム134と137と合わせて、432MBq/km2になっています。

今はそれより減ったものの、上がったり下がったりを繰り返している状態です。

私たちが夏休みで日本に行っていたときは、定時降下物は各地でほとんど未検出、そして福島県でもかなり少ない数値だったのと比べると、大幅に増加しています。

福島県に限っては、約20倍くらいにはなってます(夏休みの頃と比べて)。

文部科学省の過去の調査結果は、こちらから確認できます。

驚くのは、この事実を、マスコミでもちょっと報道されただけで、あんまり取り上げられていないことです。

明らかに、なにかが起こっている、というか、セシウム降下量に異変があるのに。

東電も何かわかっているのなら公表するべきだし。

原因の追及は一体誰がしているのでしょうね?

それに、セシウム降下増加の事実を知っているはずの文部科学省は、定時降下物について、平成23年12月27日以降、毎日調査・公表していた全国の調査結果を月1回の調査頻度・公表に変更したばかり。

でも、それとは別に福島県では当面の間、これまで通り毎日調査を実施し公表することにしているそうです。

福島県だけでなく、東日本の各自治体でも以前通りに実施すべきかと思います。

それに・・・

今度、友人の知り合いが、日本に英語教師として滞在するかもしれないって。

そういう知り合いに、ちゃんと現状を説明してあげたいのですよね、事実を。

誰でも安全に過ごせるように、政府に対策をしっかり立ててもらいたいです。







魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

Project Fumbaro Eastern Japan
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
国境なき医師団日本
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
サンドウィッチマン『東北魂義援金』
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
SAVEJAPAN! PROJECT
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

6 comments:

  1. はじめまして♪
    たまたまブログ村のコミュで「福島」「セシウム」という言葉を発見し、おじゃましました。
    私は今、その渦中の福島県の海沿いの町在住です。

    魔法の言葉にグッときました。
    ありがとうございます。

    イギリスにもとても興味があるので、またおじゃまさせてくださいね。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    ReplyDelete
  2. mariさん、こんにちは〜。

    初めまして、コメントをどうもありがとうございます。
    福島県在住でいらっしゃるのですね。
    ほんとに言葉では言い表せないほど、大変なことでしょう。
    私も親戚がたくさん福島県にいるので、とても心配です。
    これからも、福島県や東日本大震災の被災地のことを風化させないよう、みんなで力を合わせていきましょう!
    また遊びにきてくださいね。

    ReplyDelete
  3. はじめまして。
    以前からちょこちょこお邪魔させていただきながら、コメントを残さずにいました。
    先日、日本に一時帰国し、宮城へ行ってきました。まだまだ町が蘇るようなそんな復興の兆しはなく、正直、とても辛く、何もできない自分も歯がゆく感じました。
    ねこなすさんがおっしゃっているように、風化させてはいけない。心から感じました。
    知人が福島に住んでおり、自分たちは負けない、とこちらが励まされるような強さを持っています。でも、みんながみんな、そうではないと思うのです。だからこそ、正しい情報が必要なんです。自分でどうするかを決めるために。なのに、日本政府や東電って、そういう選択権も与えないんですね。
    早速、私も文科省のページを覗いてみます。
    いつも考えさせられるねこなすさんのブログ、これからも楽しみにしています。

    ReplyDelete
  4. haykichiさん、こんにちは〜。

    初めまして、コメントどうもありがとうございます。
    haykichiさんは被災地の現地までいらっしゃているのですね。
    早速あとでブログにお邪魔しますね。
    ほんとに、当事者でない私たちには、風化させないことだけしか出来ないと思うのです。
    そして、援助できることをするのみ。
    とにかく情報は隠してもいいことはありませんよね。
    正しい情報を国民に知らせることでしか、政府や東電は国民からの信頼を取り戻すことはできないのです。
    国外にいても、被災地のみなさんの心に寄り添って、一緒に踏ん張っていきましょう!
    また遊びにきてくださいね〜。

    ReplyDelete
  5. 9日に4号機で2回爆発があったかもしれないんですよ;
    そのせいじゃないかなあ。
    アメリカでは報道されたみたいなんですが
    当の日本じゃスルーです。
    隠蔽ですな、こりゃ。
    少し前に首相が冷温停止宣言したばかりですが(苦笑)
    もうね、ワイドショーで、普通に「今年はセシウム花粉が~」
    ってやってました…(爆)
    なんだよ、それ?
    そんな単語が当たり前の国、どこにもないって…。

    ReplyDelete
  6. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    マジですか。;
    でも、大きく増加したのは2日なので、他にも原因がありそうですね。
    どうして政府や東電は情報公開をしないのか!?
    セシウム花粉ってー。
    はー。(溜)
    ほんとに、これからどうなるやら?
    しっかり信頼できる政策を立ててもらわないと。

    ReplyDelete