Thursday, 6 October 2011

火災報知器で目が覚めた!

今朝、4時半頃、けたたましい火災報知器の音で目が覚めました。

『何事!?』

と思って、飛び起きたはいいけど、火災報知器は短く2度ほど鳴ったあと、すぐに鳴り止みました。

あいにくダンナは出張中なので、一応キッチンの方まで行ってチェックした私。

でも、何も問題なし。

あ〜、よかった、とは思ったものの、すっかり目が冴えてしまったのですが・・・

30分くらいしてやっとウトウトしたころ、また短くけたたましい火災報知器の音が鳴りました。

寝ぼけた頭で考えてみたら、、、

そういえば、前にもこんなことあったな〜って。

うちのロフトの改築をしたときに、1〜3階まで繋がった火災報知器を設置したのですよね(建築規定で決められているため)。

(うちの屋根裏は、以前「三匹の子豚」と屋根裏部屋でご紹介しています。)

で、その工事から2〜3年経ったある日、やはり夜中にこの音で起こされたことがあったのでした。

それが、どうもただ電池が切れかかったっていうだけだったんですけどね。

というか、電気で繋がっているので、電池はただのバックアップなはずなのに、なんで電池を替えないといけないのか?という疑問があるし。

なんで、もっと静かに電池の交換を知らせることができないのでしょうか?

悪い工業デザインの典型だな、これは。

使用者のことをまったく考慮してないし〜。

まぁ、とにかく・・・

似たようなことが以前にもあったので、今回もただの電池切れだと思うのですが、あの2回のけたたましい音のあとは何もなかったように1日中静か。

まだ電池入れ替えていないのですが、あれからもう何時間もウンともスンともありません。

うーん、電池を入れ替えて寝るべきか、このまま放っておくべきか。(笑)







魔法の言葉を今日も呟きましょう!

「福島原発が沈静化しました。

被災地も少しずつ復興し始め、被災者の方々にも笑顔が戻ってきました。

東北地方の海がまたきれいになりました。

港町にも活気が戻ってきました。

ありがとうございます、そして感謝します。」

British Red Cross (Japan Tsunami Appeal)
Save the Children (Japan earthquake and tsunami appeal)
英国公認日本語ガイド協会のチャリティー・ウォーク
JustGiving
Central Community Chest of Japan

日本赤十字/義援金
国境なき医師団日本/インターネット寄付オンラインサービス
JustGiving Japan
CIVIC FORCE
サンドウィッチマン『東北魂義援金』
日本財団 CANPANプロジェクト 東北地方太平洋沖地震支援基金
被災地支援表明ウェブサイト「できること」
ADRA Japan(アドラ・ジャパン)
JPF(ジャパン・プラットフォーム)
赤い羽根の共同募金
SAVEJAPAN! PROJECT
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

4 comments:

  1. 電池、入れ替えたほうがいいのでは?
    もう鳴らないのは、最後の雄叫びだったとか(笑)

    ReplyDelete
  2. mikiさん、こんにちは〜。

    入れ替えてから寝ました〜。(笑)
    最後の雄叫びって。(爆)
    新しい電池に入れ替えてからも、とっても短い「ピッピッ」という音がちょっとしてましたが、しばらくしたら消えました。
    まったくなんでしょうね。

    ReplyDelete
  3. 覚えてる内に電池替えた方がいいですね(笑)
    必死で知らせたんでしょうね。
    もう命が尽きますと(笑)
    迷惑だけど、一番使用者に訴えるやり方かも(爆)

    ReplyDelete
  4. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    電池交換しました、すぐに!
    また起こされてはたまらないので。
    でも、ロフトのは私は背が届かないので、ついでってことで、ダンナに全部やってもらいました〜。
    昼間に鳴ってくれればいいんだけど。

    ReplyDelete