Friday, 20 March 2009

ビーヴァーが復活!?

以前コッツウォルズ湖畔の住人でもお伝えしたビーヴァー。

イギリスでは、500年ほど前に乱獲されて絶滅しました。

ところがスコットランド、そしてイングランドでビーヴァーたちが復活しそうなのです。

まずは今年5月、スコットランドのKnapdale(ナップデイル)周辺に、ビーヴァー4家族が野生に放されるそう。

これは約10年間のビーヴァーを野生に戻そうという運動のおかげです。

そしてイングランドでもその動きがあるそうで、どの地域が妥当であるかの研究が行われたそうです。

イングランドの河川があるところで選ばれた地域は、こちらの6カ所。

Hampshire(ハンプシャー州)のNew Forest(ニュー・フォレスト)

Cornwall(コーンウォール地方)のBodmin Moor(ボドミン・モー)

Peak District(ピーク・ディストリクト)

Lancashire(ランカシャー州)のForest of Bowland(フォレスト・オブ・ボウランド)

Weald of Kent(ウェルド・オブ・ケント)

Lake District(レイク・ディストリクト/湖水地方)

ビーヴァーは、人間から離れて約2kmの河川地域、そして水深60cmの場所が必要だそう。

自然保護団体によると、ビーヴァーはイギリスの生態系には欠かせない動物で、河川管理に大きく貢献だろうという見解です。

でもまだまだイングランドでは、土地所有者や農家の間で慎重派が多いようで、近い将来にビーヴァーを放すということはなさそうですが。

いつか、イングランドの田舎をウォーキングをしてビーヴァーを見かけることができる、なんて日がくることを願ってます〜。



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. ビーヴァーといえば、エアコンって感じですが
    そうですか、復活の兆し…なんか嬉しいですね。
    愛嬌ありますもんね。
    日本でもトキを放したんですが
    うまく生き抜けず…難しいです。
    なんとか増えてほしいのですが。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    エアコンー。(笑)
    本物のビーヴァーをみたことないですが、ちょっとそばにいたら怖そう。
    日本のトキも増えてくれるといいなー!
    やっぱり環境が変わって、住みにくくなってしまったんですね。

    ReplyDelete