Sunday, 25 January 2009

テムズ河沿いに大きな穴!

膝が弱点でも触れたダンナの膝。

GP(一般医)の紹介をもらい、ロンドン・ブリッジのすぐ側のGuy's Hospital(ガイズ・ホスピタル)に精密検査にいったのですが、、、

その時にダンナが見たものは、ロンドン・ブリッジ駅のすぐ側にある大きな穴。

同じように病院に来ていた人に聞いたところ・・・

The Shard(ザ・シャード)が建つんだって』。

で、週末にテムズ河沿いを歩きにいったので、ついでにみんなでその建築現場を見に行きました。

こう見てみると、やっぱりスケール大きいです。

完成時にはイギリスで一番高い建物、87階建てのガラスのタワーになる予定だそうで、建築家はレンゾー・ピアノ氏。

ピアノ氏は、パリにあるポンピドゥ・センター(ジョルジュ・ポンピドゥ国立美術文化センター)や、アムステルダムのNEMO博物館のデザインをした建築家。

両方のデザインを見たことがありますが、両方とも建物の中身を反映し、個性的で大好きな建築物です。

この開発にはホテル、博物館も出来る他、シャードの最上階は展望台にもなるみたい。

テムズ河沿いにまた素敵な見どころが登場するようで、今からシャードが出来るのが楽しみでワクワクです。



最後まで読んでいただいて、どうもありがとうございました♪

日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!
貴重な1票をお待ちしています〜♪

 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

楽天トラベル

話題のグルメが送料無料も!お買い物なら楽天市場

答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

2 comments:

  1. ロンドン、また素敵になりますねー。
    いいなー。
    遊びにいくとこいっぱいですね。
    今ちょっとばたついてますが
    これが終わったら、にゃんぼ連れて
    のんびり水族館にでも行きたいですわ。

    ReplyDelete
  2. tatsumakinecoさん、こんにちは〜。

    この建物がいつ終わるのかは知りませんが、今から楽しみです。
    でも、最近景気がすごく悪くなっているので、このプロジェクトも停滞してしまわないか心配です。(汗)
    でも今のところオリンピックの建設工事の方がもっと大事ですけど。
    こればっかりは遅延は許されませんからー。
    にゃんぽちゃんも、あの素敵な水族館にまた遊びにいきたいでしょうね。

    ReplyDelete