Sunday, 2 March 2008

小さな幸せ…イギリスの「母の日」

今日、イギリスでは「母の日」。

日本より一足先に、子供たちから母の日のカードとプレゼントをいただきました。

長女からは手作りのカードと写真立て、長男からはカードとチョコレート。

ダンナが朝食を作ってくれて、私はベッドに入ったまま(!)優雅に朝食を食べましたよ〜。

そしてみんなでチョコレートを分けて食べて、あっという間にみんなの胃の中へ消えていきました(笑)。

イギリスの「母の日」がなぜ今日なのかの謎はこちらから解けますよ〜。



今日はお天気もよいので、午後になってからうちの近くの森へ散歩へ行ってきました。



そこで見つけたものは、、、

アヒルの頭の形をした流木?










そして、きれいに満開の梅。






子供たちはゴミ拾いをしていたのですが、そのうちそれにも飽きて、、、

森の中を走り回っている間、、、





ダンナと私はゴミ拾いに精を出していたのです。

『おーい、こっちにも!』

ゴミは2袋いっぱいになりました。







そうやってゴミを拾っている間に、トゲトゲの茂みの中にこんな落とし物が、、、、、







去年の春に使われていたであろう小鳥の巣!

長男の手にすっぽり入るくらい小さくてかわいいのです。





そして、春は確実に近づいているようです。

池に行ってみると、ヒキガエルのオスがメスの上に乗り交尾をしています。

あと数週間もしたらカエルの卵が見えるようになるのかな?



そういえば、、、例の冷蔵庫とタイヤは次の日には姿を消していました。

下町ロンドン区が持っていって処理してくれたようです。



日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もどちらか、または両方クリックをお願いします!更新の励みになります。
 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ



答える度に楽天スーパーポイントが貯まる!登録だけでも【モレナク】50pt進呈。

楽天トラベル 海外航空券予約

2 comments:

  1. ねこなすさん、こんにちは。
    イギリスの母の日には色々な意味があるのですね。日本は確かに覚えやすいし、何よりカーネーションの花束をプレゼントする人が多いでしょうからプレゼント選びも悩まずに良いですね。

    私も母親暦4年ですが、まだ娘からは母の日のプレゼントをもらったことないです。でも
    春から幼稚園なので、今年は「初」母の日のプレゼントを持って帰ってくるかも知れません(勝手に期待しています)

    ReplyDelete
  2. ひのっこママさん
    こんにちは〜。

    イギリスの「母の日」がなんでいつも違うのかなぁ、と疑問に思いダンナに聞いても「?」。
    最近ではイギリス人でも知らない「母の日」の成り立ちですが、今では日本のように「お母さんに感謝の気持ちを表す日」というのが一般です。
    だから毎年同じ日にしてもいいのに、、、とも思いますが、やっぱり違うんですよね〜。

    ひのっこママさんも、今年からは素敵な「母の日」のプレゼントがきっとありますね!楽しみですね〜。

    ReplyDelete