Sunday, 4 November 2007

森の秋

下町から車で10〜15分くらいのところに大きな森があります。

ロンドン市(City of London)が所有するエッピング・フォレスト。このオープン・スペースはロンドンでは最大…6000エーカーという大きな憩いの場です。

今日は聞こえなかったけれど、たまにキツツキの木をたたく音が聞こえたりもするし、カワセミや鹿もいたりするんですよ。

ここはイギリスでも少ない原生林で、古代からここには人間が住み着いていたようで、そういう跡も残っているんです。

下町ロンドンに住むねこなす一家にとっては大事な憩いの場所。

いつも暇があれば歩きにいってます。

そして私達はエッピング・フォレストのゴミ拾いボランティアでもあるんですよ。

信じられないことに、こんなに素晴らしい森の中にゴミを平気で落としていく心ない人たちがいるんですよね。

こういう常識のない人っていうのは、悲しいかなどこの国にもいるものです。

今日はゴミ袋2枚がいっぱいになりました。

そして古代人の小屋を発見!…な訳ないか。



それからうちのネコが大変なことになっています…その原因はガイ・ホークスの花火。

ここ2−3日夜は花火でビクビク状態。

あと何日かはこのままだろうなぁ。

昼間は死んだように寝てるんですけどね。



日本ブログ村と人気blogランキングに参加させていただいています。
今日もクリックをお願いいたします!
 ↓         ↓
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気blogランキングへ

No comments:

Post a Comment